■村上信夫プロフィ−ル

2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や『鎌田實いのちの対話』など、NHKラジオの「声」として活躍。

現在は、全国を回り「嬉しい言葉の種まき」をしながら、文化放送『日曜はがんばらない』(毎週日曜10:00?)、月刊『清流』連載対談?ときめきトークなどで、新たな境地を開いている。各地で『ことば磨き塾』主宰。

1953年、京都生まれ。元NHKエグゼクティブアナウンサー。

これまで、『おはよう日本』『ニュース7 』『育児カレンダー』などを担当。著書に『嬉しいことばの種まき』『ことばのビタミン』(近代文藝社)『ラジオが好き!』(海竜社)など。趣味、将棋(二段)。

http://murakaminobuo.com

 

■イネ・セイミプロフィール

フルート奏者として活躍中。俳画家。

絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。

俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

俳画教室開講中

ところ 常滑屋

と き 俳画教室 月2回 午後1時30~3時30分

会 費 1回 2,250円(3ヶ月分前納制)

問合せ 電話0569(35)0470

インディアンフルート教室開講しています。

誰でも簡単に音が出せる楽器です。

あなたも今日からミュージシャン。

受講生募集

会場:マツイシ楽器店ミュージックガーデン武豊

時間:隔週木曜日(月2回)10:00~11:00

形態:グループ

会費:1ヶ月8,802円(入会金)5,400 円

詳しくはマツイシ楽器店本社 教室係まで

フリーダイヤル:0120-37-5576

講師 イネ・セイミ

《日本インディアンフルートサークル協会ディレクター》

ネイティブアメリカンのスピリットが感じられる

インディアンフルート,その音色はやさしく心に響きます。

1レッスン・30分4,000円 会場・半田市桐ヶ丘

申込み・お問合せ

0569-89-7127

ine.seimi.jp@gmail.com

 

 

 白駒妃登美さんは、博多の歴女と呼ばれる。飛び切りの笑顔で、わかりやすく話す歴史のエピソードが好評で、講演依頼が引きも切らない。

 東京オリンピックの開かれた1964年、埼玉県に生まれた。両親が自営業だったので、あまり構ってもらえなかった。日が暮れるまでは外で友達と遊び、家に帰ってきてからは、「伝記もの」を読み耽った。キューリー夫人やファーブルも読んだが、いちばんワクワクしたのは、吉田松陰や西郷隆盛など日本の偉人伝だった。そして彼らは一番の親友になった。「あなたの気持ちわかるわぁ」「私も頑張るね」彼らと対話していたそうだ。

 

 

順風満帆が突然の嵐に

 慶應義塾大学経済学部卒業後、大手航空会社の国際線客室乗務員として7年あまり勤務した。

 そして結婚、2人の子を授かった。

 順風満帆だった白駒さんの人生にアクシデントが起きたのは、ちょうど10年前のことだ。子宮頸がんを患った。完治したと思っていたら、その2年後に肺に転移した。

  「この状況で助かった人を見たことがありません」と医師に告げられた。目の前が真っ暗になり、家に閉じこもった。考えるのは、当時小学生だった長女と長男のことばかり。「私がいなくなったら、この子たちはどうなるんだろう」。夜も眠れず、子どもの寝顔を見ながら泣いてばかりいた。

 絶望の淵にあったとき、ピンチに陥ったら、歴史上の人物と対話していたことを思い出した。その時、対話相手に現れたのは、中学生の頃からの愛読書『坂の上の雲』に描かれた正岡子規だった。

 子規は、脊椎カリエスの激痛に苛まれながら、「本当の覚悟とは平然と死ぬことではなく、どんな苦しみの中でも一瞬一瞬を平然と生きることだ」と悟っていた。

 子規の生き方を思い起こし、平常心を取り戻した。「たとえ1年後に命がなくなろうとも、いまは生かされているわけだから、泣き暮らすのはやめ、今を精いっぱい生きよう」と考えるようになれた。すると未来への不安が消えたら、がん細胞も消えて「奇跡の回復」を果たしたのだ。

 歴史上の人物の過去にも理不尽なことはあった。だが、歴史を紐解くと、「未来のために苦難があった」と考えられることが多い。「自分の病気も、私の未来のためにわざわざ来てくれたんだ」と思えるようになった。そして、「湧きあがる希望を抑えきれなくなった」。

 

江戸に教わる

 先日、江戸深川資料館で、江戸をテーマに鼎談したとき、白駒さんをお招きした。最初、山本一力さんの話に聞き入っていたが、着物の話になると俄然スイッチが入った。

 江戸時代の庶民は着るものの色が決まっていた。徳川幕府は、庶民が着るものの生地を指定した。綿か麻しか着てはいけない。色も派手な色ではなく、鼠色、茶色、お納戸色にせよと規制した。納戸を開けると、暗いけど真っ暗闇ではない。その薄暗がりの色をお納戸色と呼んでいた。いまでいうと濃紺や藍色に近い。

 「普通は三色限定だと個性がなくなって、みんな制服みたいになってしまうと思うんですが、粋な江戸っ子は三色の中で自分らしさを極めようとしました。微妙な色の違いで、茶色、鼠色それぞれ一〇〇色以上あったそうです。『その色はナントカ鼠だね』とかいって楽しんだんです」

 「団十郎が好んだ茶色を団十郎茶、千利休が好んだとされる利休鼠、ほかに、桜鼠とか自然界からとった呼び名も多いんです。また、表からは見えない着物の裏地に高価な絹を使ったり、鮮やかな色を用いたりしたそうです。見えないところに贅を凝らすとか、日本人の遺伝子には、そういうものを嗜好する何かがあるのかもしれませんね」。

 

 幕府の天領だった飛騨高山には、幕府から派遣された行政を司る人がいたが、悪代官のような人はせいぜい一人か二人だったとか。

 「そんなに低い確率なのに、時代劇は大げさですよね。江戸の町には一〇〇万人を超す人が暮らしていたのに、いまでいう警察業務に携わっていた人がものすごく少なくて、殺人事件もほとんどなかったそうです」。

 古事記を読むと「知らす」という言葉が出てくる。これは力づくで相手をねじ伏せるのではなく、慈しみや愛の力をもって民を治めるという意味で、天孫降臨の際、アマテラスがニニギノミコトに言ったとされている。

 日本人はその神話を信じ続けた。リーダーたちは品性を磨いて徳を積み、だから民はリーダーに甘えることができた。それが神話の時代から脈々と続いてきた。日本人は「和をもって尊し」となしてきた。日本人は仇打ちにしても、どこかに惻隠の情があり、殺したほうは死者に弔いの気持ちを示した。

 白駒さんは「先のことはまったく悲観していません。例えば、新幹線のお掃除が停車中の七分間ですべて終えられるのは奇跡だと、世界的に有名になりました。もちろんお掃除チームもすばらしいんですが、これは日本人みんなが起こした奇跡だと私は思っています。もしも乗客が車内を汚し放題だったら、七分では終わりません。みんながきれいに使っているからできること。そんな日本人がもつ美徳を多くの人が自覚すれば、先は明るいと思います」と笑顔で言い切った。

 

Copyright©2003-2017 Akai Newspaper dealer

プライバシーポリシー

あかい新聞店・常滑店

新聞■折込広告取扱■求人情報■ちたろまん■中部国際空港配送業務

電話:0569-35-2861

 

あかい新聞店・武豊店

電話:0569-72-0356

あかい新聞店・常滑店

新聞■折込広告取扱■求人情報■ちたろまん■中部国際空港配送業務

電話:0569-35-2861

あかい新聞店・武豊店

電話:0569-72-0356

 

Copyright©2003-2017 Akai Newspaper dealer

プライバシーポリシー

 白駒妃登美さんは、博多の歴女と呼ばれる。飛び切りの笑顔で、わかりやすく話す歴史のエピソードが好評で、講演依頼が引きも切らない。

 東京オリンピックの開かれた1964年、埼玉県に生まれた。両親が自営業だったので、あまり構ってもらえなかった。日が暮れるまでは外で友達と遊び、家に帰ってきてからは、「伝記もの」を読み耽った。キューリー夫人やファーブルも読んだが、いちばんワクワクしたのは、吉田松陰や西郷隆盛など日本の偉人伝だった。そして彼らは一番の親友になった。「あなたの気持ちわかるわぁ」「私も頑張るね」彼らと対話していたそうだ。

 

順風満帆が突然の嵐に

 慶應義塾大学経済学部卒業後、大手航空会社の国際線客室乗務員として7年あまり勤務した。

 そして結婚、2人の子を授かった。

 順風満帆だった白駒さんの人生にアクシデントが起きたのは、ちょうど10年前のことだ。子宮頸がんを患った。完治したと思っていたら、その2年後に肺に転移した。

  「この状況で助かった人を見たことがありません」と医師に告げられた。目の前が真っ暗になり、家に閉じこもった。考えるのは、当時小学生だった長女と長男のことばかり。「私がいなくなったら、この子たちはどうなるんだろう」。夜も眠れず、子どもの寝顔を見ながら泣いてばかりいた。

 絶望の淵にあったとき、ピンチに陥ったら、歴史上の人物と対話していたことを思い出した。その時、対話相手に現れたのは、中学生の頃からの愛読書『坂の上の雲』に描かれた正岡子規だった。

 子規は、脊椎カリエスの激痛に苛まれながら、「本当の覚悟とは平然と死ぬことではなく、どんな苦しみの中でも一瞬一瞬を平然と生きることだ」と悟っていた。

 子規の生き方を思い起こし、平常心を取り戻した。「たとえ1年後に命がなくなろうとも、いまは生かされているわけだから、泣き暮らすのはやめ、今を精いっぱい生きよう」と考えるようになれた。すると未来への不安が消えたら、がん細胞も消えて「奇跡の回復」を果たしたのだ。

 歴史上の人物の過去にも理不尽なことはあった。だが、歴史を紐解くと、「未来のために苦難があった」と考えられることが多い。「自分の病気も、私の未来のためにわざわざ来てくれたんだ」と思えるようになった。そして、「湧きあがる希望を抑えきれなくなった」。

 

江戸に教わる

 先日、江戸深川資料館で、江戸をテーマに鼎談したとき、白駒さんをお招きした。最初、山本一力さんの話に聞き入っていたが、着物の話になると俄然スイッチが入った。

 江戸時代の庶民は着るものの色が決まっていた。徳川幕府は、庶民が着るものの生地を指定した。綿か麻しか着てはいけない。色も派手な色ではなく、鼠色、茶色、お納戸色にせよと規制した。納戸を開けると、暗いけど真っ暗闇ではない。その薄暗がりの色をお納戸色と呼んでいた。いまでいうと濃紺や藍色に近い。

 「普通は三色限定だと個性がなくなって、みんな制服みたいになってしまうと思うんですが、粋な江戸っ子は三色の中で自分らしさを極めようとしました。微妙な色の違いで、茶色、鼠色それぞれ一〇〇色以上あったそうです。『その色はナントカ鼠だね』とかいって楽しんだんです」

 「団十郎が好んだ茶色を団十郎茶、千利休が好んだとされる利休鼠、ほかに、桜鼠とか自然界からとった呼び名も多いんです。また、表からは見えない着物の裏地に高価な絹を使ったり、鮮やかな色を用いたりしたそうです。見えないところに贅を凝らすとか、日本人の遺伝子には、そういうものを嗜好する何かがあるのかもしれませんね」。

 

 幕府の天領だった飛騨高山には、幕府から派遣された行政を司る人がいたが、悪代官のような人はせいぜい一人か二人だったとか。

 「そんなに低い確率なのに、時代劇は大げさですよね。江戸の町には一〇〇万人を超す人が暮らしていたのに、いまでいう警察業務に携わっていた人がものすごく少なくて、殺人事件もほとんどなかったそうです」。

 古事記を読むと「知らす」という言葉が出てくる。これは力づくで相手をねじ伏せるのではなく、慈しみや愛の力をもって民を治めるという意味で、天孫降臨の際、アマテラスがニニギノミコトに言ったとされている。

 日本人はその神話を信じ続けた。リーダーたちは品性を磨いて徳を積み、だから民はリーダーに甘えることができた。それが神話の時代から脈々と続いてきた。日本人は「和をもって尊し」となしてきた。日本人は仇打ちにしても、どこかに惻隠の情があり、殺したほうは死者に弔いの気持ちを示した。

 白駒さんは「先のことはまったく悲観していません。例えば、新幹線のお掃除が停車中の七分間ですべて終えられるのは奇跡だと、世界的に有名になりました。もちろんお掃除チームもすばらしいんですが、これは日本人みんなが起こした奇跡だと私は思っています。もしも乗客が車内を汚し放題だったら、七分では終わりません。みんながきれいに使っているからできること。そんな日本人がもつ美徳を多くの人が自覚すれば、先は明るいと思います」と笑顔で言い切った。

 

■村上信夫プロフィ−ル

2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や『鎌田實いのちの対話』など、NHKラジオの「声」として活躍。

現在は、全国を回り「嬉しい言葉の種まき」をしながら、文化放送『日曜はがんばらない』(毎週日曜10:00?)、月刊『清流』連載対談?ときめきトークなどで、新たな境地を開いている。各地で『ことば磨き塾』主宰。

1953年、京都生まれ。元NHKエグゼクティブアナウンサー。これまで、『おはよう日本』『ニュース7 』『育児カレンダー』などを担当。著書に『嬉しいことばの種まき』『ことばのビタミン』(近代文藝社)『ラジオが好き!』(海竜社)など。趣味、将棋(二段)。

http://murakaminobuo.com

 

■イネ・セイミプロフィール

フルート奏者として活躍中。俳画家。

絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。

俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

 

俳画教室開講中

ところ 常滑屋

と き 俳画教室 月2回 午後1時30~3時30分

会 費 1回 2,250円(3ヶ月分前納制)

問合せ 電話0569(35)0470

インディアンフルート教室開講しています。

誰でも簡単に音が出せる楽器です。

あなたも今日からミュージシャン。

受講生募集

会場:マツイシ楽器店ミュージックガーデン武豊

時間:隔週木曜日(月2回)10:00~11:00

形態:グループ

会費:1ヶ月8,802円(入会金)5,400 円

詳しくはマツイシ楽器店本社 教室係まで

フリーダイヤル:0120-37-5576

 

講師 イネ・セイミ

《日本インディアンフルートサークル協会ディレクター》

ネイティブアメリカンのスピリットが感じられる

インディアンフルート,その音色はやさしく心に響きます。

1レッスン・30分4,000円 会場・半田市桐ヶ丘

申込み・お問合せ

0569-89-7127

ine.seimi.jp@gmail.com