■村上信夫プロフィ−ル

2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や『鎌田實いのちの対話』など、NHKラジオの「声」として活躍。

現在は、全国を回り「嬉しい言葉の種まき」をしながら、文化放送『日曜はがんばらない』(毎週日曜10:00?)、月刊『清流』連載対談?ときめきトークなどで、新たな境地を開いている。各地で『ことば磨き塾』主宰。

1953年、京都生まれ。元NHKエグゼクティブアナウンサー。

これまで、『おはよう日本』『ニュース7 』『育児カレンダー』などを担当。著書に『嬉しいことばの種まき』『ことばのビタミン』(近代文藝社)『ラジオが好き!』(海竜社)など。趣味、将棋(二段)。

http://murakaminobuo.com

 

■イネ・セイミプロフィール

フルート奏者として活躍中。俳画家。

絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。

俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

俳画教室開講中

ところ 常滑屋

と き 俳画教室 月2回 午後1時30~3時30分

会 費 1回 2,250円(3ヶ月分前納制)

問合せ 電話0569(35)0470

インディアンフルート教室開講しています。

誰でも簡単に音が出せる楽器です。

あなたも今日からミュージシャン。

受講生募集

会場:マツイシ楽器店ミュージックガーデン武豊

時間:隔週木曜日(月2回)10:00~11:00

形態:グループ

会費:1ヶ月8,802円(入会金)5,400 円

詳しくはマツイシ楽器店本社 教室係まで

フリーダイヤル:0120-37-5576

講師 イネ・セイミ

《日本インディアンフルートサークル協会ディレクター》

ネイティブアメリカンのスピリットが感じられる

インディアンフルート,その音色はやさしく心に響きます。

1レッスン・30分4,000円 会場・半田市桐ヶ丘

申込み・お問合せ

0569-89-7127

ine.seimi.jp@gmail.com

 

 

母は船長

 何から何まで自分でやらないと気が済まない性分だ。

 僕が三年前の歌手生活五〇周年コンサートで司会をしたとき、舞台の演出から進行まで、全部自分でやっていたのを見て驚いた。招待した人の座る席まで采配していた。「事務所が考えて決めたことをひっくり返したりするから、スタッフは大変だと思うわ(笑)」と笑いながら意に介さない。

 衣装もデザイナー任せにせず、自分で選んで決める。動いたり立ったままだったり、三六〇度から見られることを考えて作ってくれるデザイナーに出会えなかったこともあって、外注しなくなった。「母が昔、洋服屋をしていて私も少し手伝っていたから、その影響もありますね」。

 母も何でも自分でやろうとする人だった。電化製品が壊れたときなど、修理を頼む前にまず自分で分解してみるような人だった。

 父は、借金がどれだけできるかが男の甲斐性だと言い、支払日に一〇万円必要だとしたら三〇万円も借りてきて、残りを飲んでしまうからあとが大変。借金取りからの電話に「お父ちゃんはいませーん」という練習をさせられたこともある。

 父がロシア料理店を始めたときも、自転車操業だった。父も連れ合いの藤本敏夫さんも強烈な個性の持ち主だが、やはり、おトキさんの胸に大きく去来するのは、母のようだ。「女は家庭の船長ですからね。母は本当によく家族を守って、この船が沈まないようにとがんばっていました。でも船の針路を決めるのはつねに父で、突然の針路変更もしょっちゅう(笑)」。

 

運命の歌に囲まれて

 「おトキさん」の愛称で親しまれる国民的歌手、加藤登紀子さんのたどってきた人生はまさに小説のようだ。

 いまは人生の四幕目という。一幕目は遠い祖国。二幕目は引き揚げてから歌手になるまで。三幕目は藤本さんとの出会いから別れまで。おトキさんの四幕目は、まだまだ進行中だ。

 四月に出版した『運命の歌のジグソーパズル』には、登紀子さんのヒストリーが綴られている。中国のハルピン市で生まれ、ロシアの音楽を聴いて育ったことも、その後の人生にジグソーパズルのようにつながっていく。「私のヒストリーと深くかかわった歌には、とても強くまつわりついた運命を感じました」。

 今年、各地で開催するコンサートは「TOKIKO'S HISTORY 花はどこへいった」と銘打っている。自分の運命と重なる歌を唄う。

 「花はどこへいった」は、東西対立の真っただ中に、ピート・シーガーがロシアの文学に出てくるコサックの子守唄を元に詞を作った歌だ。「私の人生における大事な原点は一九六八年で、もう一つの原点がロシア。私の二つの原点がこの歌にはある」。

 一九六八年といえば、東大紛争でおトキさんも座り込みをした。それがきっかけで藤本さんと出会った。

 一九六八年にヒットしたメリー・ホプキンの「悲しき天使」も、もともとはロシアの歌だ。しかも五〇年前のロシア革命のときに作られた歌。世界中が反戦運動をしていた時期だったから、みんながホロリとくる歌だった。

 映画「紅の豚」の中で歌われた「さくらんぼの実る頃」も、一八六六年に発表された曲を、五〇年後の第一次世界大戦の動乱期を舞台に歌ったものだ。ちょうど五〇年ずつ間を置いて、遠い日の子守唄を聴くような距離感で歌がよみがえってくるのかもしれない。

 「私が『さくらんぼの実る頃』や、一九八一年のロシアの曲『百万本のバラ』を歌うことになって、多くの支持を受けたことにも不思議な輪廻を感じます」。

 

再び母のこと

 一九四三年十二月二十七日生まれ。終戦の時、加藤さんは、一歳八か月。その一年後に引き揚げてきたが、もし半年早く生まれていたら、ミルクもなくオムツもなく、生き延びていたかどうかもわからない。

 母は「あなたは、ちょうどいい時に生まれた」「あなたがいたからがんばれた」といっていた。赤ん坊をおんぶしている女性は襲われなかったそうで、収容所の備蓄品を略奪したソ連兵の上役に、果敢にもその惨状を訴えたという武勇伝もある。

 母の淑子さんが亡くなったのは去年のことだ。享年一〇一。天寿を全うした。

 「十六年前に藤本が亡くなったときもそうでしたが、ポッカリ穴が開いたという感じはあまりなくて、むしろ亡くなってからのほうが向き合っている時間が増えたようです」。医師から「あと三日くらいでしょう」と告げられたのが、一昨年の十二月二十六日。加藤さんは、翌日から三日間コンサートが入っていたので、その間に逝ってしまうかもしれないと思うと、気が気でなかった。だが、年越しして、一月二日に亡くなった。

 最期の数日間は、加藤さんが歌うロシア民謡のCDを枕辺でずっとかけていた。「意識はもうろうとしているんだけど、音楽を流しているとすごく気持ちのいい顔をするのね。私は五〇年間いろいろな曲を歌ってきたけど、母はロシア民謡だけを聴いていたかったのかもしれないと思いました」。

 

 「私の転換期は五〇歳でした。そこからは自分の好きな仕事だけをしたいと思って、トキコ・プランニングという事務所を作ったんです。その頃から子育ても終わって、すごく楽になりました。五〇歳でターンをしたということは、プールのレーンで折り返すように、年齢も若返っていくと考えたらいいと思うようになったの。だから七十五歳は二十五歳になるわけですよ(笑)」。

 おトキさんは、舌好調だった。舌に油が塗ってあるのかと思うほどに、気持ちよさそうに話し続けた。今年七十五歳になるが、ますます元気。常に「自分の人生、自分で決めて切り開いてきた」からだろう。「間一髪の選択」をしているという。

 「まぁいいや」で流されず、「いや違う」と、立ち止まる。一瞬一瞬を、自分の思う通りに生きる。人生の羅針盤を教わった気がした。

 

Copyright©2003-2017 Akai Newspaper dealer

プライバシーポリシー

あかい新聞店・常滑店

新聞■折込広告取扱■求人情報■ちたろまん■中部国際空港配送業務

電話:0569-35-2861

 

あかい新聞店・武豊店

電話:0569-72-0356

あかい新聞店・常滑店

新聞■折込広告取扱■求人情報■ちたろまん■中部国際空港配送業務

電話:0569-35-2861

あかい新聞店・武豊店

電話:0569-72-0356

 

Copyright©2003-2017 Akai Newspaper dealer

プライバシーポリシー

母は船長

 何から何まで自分でやらないと気が済まない性分だ。

 僕が三年前の歌手生活五〇周年コンサートで司会をしたとき、舞台の演出から進行まで、全部自分でやっていたのを見て驚いた。招待した人の座る席まで采配していた。「事務所が考えて決めたことをひっくり返したりするから、スタッフは大変だと思うわ(笑)」と笑いながら意に介さない。

 衣装もデザイナー任せにせず、自分で選んで決める。動いたり立ったままだったり、三六〇度から見られることを考えて作ってくれるデザイナーに出会えなかったこともあって、外注しなくなった。「母が昔、洋服屋をしていて私も少し手伝っていたから、その影響もありますね」。

 母も何でも自分でやろうとする人だった。電化製品が壊れたときなど、修理を頼む前にまず自分で分解してみるような人だった。

 父は、借金がどれだけできるかが男の甲斐性だと言い、支払日に一〇万円必要だとしたら三〇万円も借りてきて、残りを飲んでしまうからあとが大変。借金取りからの電話に「お父ちゃんはいませーん」という練習をさせられたこともある。

 父がロシア料理店を始めたときも、自転車操業だった。父も連れ合いの藤本敏夫さんも強烈な個性の持ち主だが、やはり、おトキさんの胸に大きく去来するのは、母のようだ。「女は家庭の船長ですからね。母は本当によく家族を守って、この船が沈まないようにとがんばっていました。でも船の針路を決めるのはつねに父で、突然の針路変更もしょっちゅう(笑)」。

 

運命の歌に囲まれて

 「おトキさん」の愛称で親しまれる国民的歌手、加藤登紀子さんのたどってきた人生はまさに小説のようだ。

 いまは人生の四幕目という。一幕目は遠い祖国。二幕目は引き揚げてから歌手になるまで。三幕目は藤本さんとの出会いから別れまで。おトキさんの四幕目は、まだまだ進行中だ。

 四月に出版した『運命の歌のジグソーパズル』には、登紀子さんのヒストリーが綴られている。中国のハルピン市で生まれ、ロシアの音楽を聴いて育ったことも、その後の人生にジグソーパズルのようにつながっていく。「私のヒストリーと深くかかわった歌には、とても強くまつわりついた運命を感じました」。

 今年、各地で開催するコンサートは「TOKIKO'S HISTORY 花はどこへいった」と銘打っている。自分の運命と重なる歌を唄う。

 「花はどこへいった」は、東西対立の真っただ中に、ピート・シーガーがロシアの文学に出てくるコサックの子守唄を元に詞を作った歌だ。「私の人生における大事な原点は一九六八年で、もう一つの原点がロシア。私の二つの原点がこの歌にはある」。

 一九六八年といえば、東大紛争でおトキさんも座り込みをした。それがきっかけで藤本さんと出会った。

 一九六八年にヒットしたメリー・ホプキンの「悲しき天使」も、もともとはロシアの歌だ。しかも五〇年前のロシア革命のときに作られた歌。世界中が反戦運動をしていた時期だったから、みんながホロリとくる歌だった。

 映画「紅の豚」の中で歌われた「さくらんぼの実る頃」も、一八六六年に発表された曲を、五〇年後の第一次世界大戦の動乱期を舞台に歌ったものだ。ちょうど五〇年ずつ間を置いて、遠い日の子守唄を聴くような距離感で歌がよみがえってくるのかもしれない。

 「私が『さくらんぼの実る頃』や、一九八一年のロシアの曲『百万本のバラ』を歌うことになって、多くの支持を受けたことにも不思議な輪廻を感じます」。

 

再び母のこと

 一九四三年十二月二十七日生まれ。終戦の時、加藤さんは、一歳八か月。その一年後に引き揚げてきたが、もし半年早く生まれていたら、ミルクもなくオムツもなく、生き延びていたかどうかもわからない。

 母は「あなたは、ちょうどいい時に生まれた」「あなたがいたからがんばれた」といっていた。赤ん坊をおんぶしている女性は襲われなかったそうで、収容所の備蓄品を略奪したソ連兵の上役に、果敢にもその惨状を訴えたという武勇伝もある。

 母の淑子さんが亡くなったのは去年のことだ。享年一〇一。天寿を全うした。

 「十六年前に藤本が亡くなったときもそうでしたが、ポッカリ穴が開いたという感じはあまりなくて、むしろ亡くなってからのほうが向き合っている時間が増えたようです」。医師から「あと三日くらいでしょう」と告げられたのが、一昨年の十二月二十六日。加藤さんは、翌日から三日間コンサートが入っていたので、その間に逝ってしまうかもしれないと思うと、気が気でなかった。だが、年越しして、一月二日に亡くなった。

 最期の数日間は、加藤さんが歌うロシア民謡のCDを枕辺でずっとかけていた。「意識はもうろうとしているんだけど、音楽を流しているとすごく気持ちのいい顔をするのね。私は五〇年間いろいろな曲を歌ってきたけど、母はロシア民謡だけを聴いていたかったのかもしれないと思いました」。

 

 「私の転換期は五〇歳でした。そこからは自分の好きな仕事だけをしたいと思って、トキコ・プランニングという事務所を作ったんです。その頃から子育ても終わって、すごく楽になりました。五〇歳でターンをしたということは、プールのレーンで折り返すように、年齢も若返っていくと考えたらいいと思うようになったの。だから七十五歳は二十五歳になるわけですよ(笑)」。

 おトキさんは、舌好調だった。舌に油が塗ってあるのかと思うほどに、気持ちよさそうに話し続けた。今年七十五歳になるが、ますます元気。常に「自分の人生、自分で決めて切り開いてきた」からだろう。「間一髪の選択」をしているという。

 「まぁいいや」で流されず、「いや違う」と、立ち止まる。一瞬一瞬を、自分の思う通りに生きる。人生の羅針盤を教わった気がした。

 

■村上信夫プロフィ−ル

2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や『鎌田實いのちの対話』など、NHKラジオの「声」として活躍。

現在は、全国を回り「嬉しい言葉の種まき」をしながら、文化放送『日曜はがんばらない』(毎週日曜10:00?)、月刊『清流』連載対談?ときめきトークなどで、新たな境地を開いている。各地で『ことば磨き塾』主宰。

1953年、京都生まれ。元NHKエグゼクティブアナウンサー。これまで、『おはよう日本』『ニュース7 』『育児カレンダー』などを担当。著書に『嬉しいことばの種まき』『ことばのビタミン』(近代文藝社)『ラジオが好き!』(海竜社)など。趣味、将棋(二段)。

http://murakaminobuo.com

 

■イネ・セイミプロフィール

フルート奏者として活躍中。俳画家。

絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。

俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

 

俳画教室開講中

ところ 常滑屋

と き 俳画教室 月2回 午後1時30~3時30分

会 費 1回 2,250円(3ヶ月分前納制)

問合せ 電話0569(35)0470

インディアンフルート教室開講しています。

誰でも簡単に音が出せる楽器です。

あなたも今日からミュージシャン。

受講生募集

会場:マツイシ楽器店ミュージックガーデン武豊

時間:隔週木曜日(月2回)10:00~11:00

形態:グループ

会費:1ヶ月8,802円(入会金)5,400 円

詳しくはマツイシ楽器店本社 教室係まで

フリーダイヤル:0120-37-5576

 

講師 イネ・セイミ

《日本インディアンフルートサークル協会ディレクター》

ネイティブアメリカンのスピリットが感じられる

インディアンフルート,その音色はやさしく心に響きます。

1レッスン・30分4,000円 会場・半田市桐ヶ丘

申込み・お問合せ

0569-89-7127

ine.seimi.jp@gmail.com