子どもの眼(2)

 

 八木くんと土井さんが「どろんこ」の詩を読んでくれました。じょうずと思いました。(I・直城)

 今までも学級通信に載せたときには、読んでもらっていました。

 

なんでかな   Y・康代 ほいくえんのとき 学校に早くなりたいな と思ったけど 学校に入ったら ほいくえんに もどりたいなと思った なんでかな おこらないで   W・祐子 あのね 先生 私二年生になって 先生 さいしょ 先生のかお 見て 「やさしそうだな」 と思った  けど 先生おこると すごくこわい 先生がおこったとき 教室がシーンとなる だから そんなにおこらないで おい 先生   N・雅貴 おい 先生 ぼくがなんにも していないのに 先生がおちゃを かけようとした。 みんながわらったから 気がついた  でも 少しかけられたんで はらがたって 心の中で 「ばかやろう!先生 しんじまえ」 と言った あのときはほんとうに はらがたったぞ! あのね 先生   T・雅子 あのね 先生 先生は どうして いつも左手でもって 右手でいつも 一本ずつ ひげをとっているの  いつも学校にくるまえ うちでちゃんとひげを そってこないのかな  私のお父さんは いつも長くなると お母さんに 「ひがをそったら」 て言われると そるのに  先生は なぜ、そってこないの 

Copyright©2003-2017 Akai Newspaper dealer

プライバシーポリシー

あかい新聞店・常滑店

新聞■折込広告取扱■求人情報■ちたろまん■中部国際空港配送業務

電話:0569-35-2861

 

あかい新聞店・武豊店

電話:0569-72-0356

あかい新聞店・常滑店

新聞■折込広告取扱■求人情報■ちたろまん■中部国際空港配送業務

電話:0569-35-2861

あかい新聞店・武豊店

電話:0569-72-0356

 

Copyright©2003-2017 Akai Newspaper dealer

プライバシーポリシー

子どもの眼(2)

 八木くんと土井さんが「どろんこ」の詩を読んでくれました。じょうずと思いました。(I・直城)

 今までも学級通信に載せたときには、読んでもらっていました。

 

なんでかな   Y・康代

 ほいくえんのとき

 学校に早くなりたいな

 と思ったけど

 学校に入ったら

 ほいくえんに

 もどりたいなと思った

 なんでかな

 

おこらないで   W・祐子

 あのね 先生

 私二年生になって

 先生 さいしょ

 先生のかお 見て

 「やさしそうだな」

 と思った

 

 けど 先生おこると

 すごくこわい

 先生がおこったとき

 教室がシーンとなる

 だから

 そんなにおこらないで

 

おい 先生   N・雅貴

 おい 先生

 ぼくがなんにも

 していないのに

 先生がおちゃを

 かけようとした。

 みんながわらったから

 気がついた

 

 でも

 少しかけられたんで

 はらがたって

 心の中で

 「ばかやろう!先生 しんじまえ」

 と言った

 あのときはほんとうに

 はらがたったぞ!

 

あのね 先生   T・雅子

 あのね 先生

 先生は どうして

 いつも左手でもって

 右手でいつも

 一本ずつ

 ひげをとっているの

 

 いつも学校にくるまえ

 うちでちゃんとひげを

 そってこないのかな

 

 私のお父さんは

 いつも長くなると

 お母さんに

 「ひがをそったら」

 て言われると

 そるのに

 

 先生は

 なぜ、そってこないの