① 我が家のお宝『娘5歳、女系5代』

 娘が5歳になった時、八ツ又のおばーちゃんちに行った。娘たちは、イギリスから帰省していた同年の子供達と言葉が全く通じなくても打ち解けていた。ワイワイと騒がしかった中、ふと思った。直系で並んでもらって写そう。娘、母、祖母、曾祖母、高祖母の直系5代となった。

 一方息子はといえば、その時すでに介護していた私の父とで男系3代がやっと。そこで、息子の方の5代を遡ってみた。

 私は40過ぎ、父は50過ぎの子で、旧戸籍謄本によると私の祖父(息子の曾祖父)はなんと安政生まれ、息子から5代遡った高祖父はこれまたなんと天保生まれである。じーちゃんたちと話した記憶が全くないのも納得。それで、その時代を調べてみた。

 天保時代は大飢饉、天保の改革などがあって激動の時代だったようだ。安政時代は安政の大獄が一つ覚えであるが、安政東海地震、安政南海地震と大地震が立て続けにあり、その後、安政八戸沖地震の強震で津波被害、江戸では暴風と高潮の大災害が、そしてなんと何年かのちコレラ、その後麻疹、それにまたコレラが追い打ちをかけた(国立文書館・web)。

 マスコミは過去のパターンをもって説明する傾向がある(コロナ禍、その後の経済予想をリーマンショック時と重ねるなど)が、それを真似ると、平成から今日までに起こったことが見事に重なるではないか、但し‥、安政東海、南海の大地震を除いて。それを生き抜いてきたじーちゃんが今も生きてたら、未来予測的な有益な話が聞けるのではないか。父が写した写真だけが残っている。

 それにしても、女系5代の記念写真、撮っておいて良かった~。

伊藤 明德

 

②先が見えない辛さ

「新型コロナウイルス」の感染が猛威をふるってます。もう不安がいっぱい。マスクも無ければ、外出もままならず…。

 「不要不急」の外出自粛要請を訴える政府の声に、緊張感を持ちますが、ニュースでは、花見に出掛けてきた人の姿を映していました。とても残念至極!!ほんとに人の解釈も千差万別。やりきれない毎日です。

 我が家も休校で、体力有り余ってる孫の生活リズムが気になるところでした。毎日欠かさずのゲーム大会。休みになった前半は、「イワシがバカ釣れ」の情報を聞いて、ムズムズし始め~。しかし休校中だし、濃厚接触しちゃうしと葛藤の表情。切ないよね。わかるよバアちゃんだって~。でもでも課題プリントそっちのけで、ゲームねぇ…。巷のニュースでは、「お部屋でイチゴ狩り」なんていう可愛い動画を見せてくれて、「みんな知恵をはたらかせてるなあ」と感心しました。孫同士で「将棋」・「百人一首」をしてはみたものの、2、3回でギブアップ。難しいなあ~。思い出したかのように野球部の孫はバッティングとグローブの手入れを始めました。ちょっとやれやれ。(笑)

 夏休みとは格段に違う閉塞感の中、とりあえず、元気でいられてる現況が続いていって欲しいと祈るばかり…。

 コロナウイルスの終息がいつなのか検討も付かない今、健全な思考力が息切れすることが怖いと思うのは私だけでしょうか?

 待ちわびたプロ野球もなかなか開幕のメドも立たないし、楽しい仲間との食事会も開けず、今はひたすら引きこもってワイドショーを見て学び(笑)、時々、畑へ~。

 スーパーへの買い物以外は、ほぼ「3密」環境になりにくい田舎。でも、まだまだ続くこの不安。田植えが終わる頃には明るい兆しが見えますように~。

磯貝みよ子

 

応 募:日々の生活の中でチョットしたこんな事・あんな事・心和む事、面白いエピソード等この欄へどしどし応募してください。(原稿用紙2枚程度)

応募先:あかい新聞 武豊店(郵送またはFAXにて)

住 所: 知多郡武豊町字金下37番地

T E L:0569-72-0356

F A X:0569-72-6002

 

Copyright©2003-2017 Akai Newspaper dealer

プライバシーポリシー

あかい新聞店・常滑店

新聞■折込広告取扱■求人情報■ちたろまん■中部国際空港配送業務

電話:0569-35-2861

 

あかい新聞店・武豊店

電話:0569-72-0356

あかい新聞店・常滑店

新聞■折込広告取扱■求人情報■ちたろまん■中部国際空港配送業務

電話:0569-35-2861

あかい新聞店・武豊店

電話:0569-72-0356

 

Copyright©2003-2017 Akai Newspaper dealer

プライバシーポリシー

① 我が家のお宝『娘5歳、女系5代』

 娘が5歳になった時、八ツ又のおばーちゃんちに行った。娘たちは、イギリスから帰省していた同年の子供達と言葉が全く通じなくても打ち解けていた。ワイワイと騒がしかった中、ふと思った。直系で並んでもらって写そう。娘、母、祖母、曾祖母、高祖母の直系5代となった。

 一方息子はといえば、その時すでに介護していた私の父とで男系3代がやっと。そこで、息子の方の5代を遡ってみた。

 私は40過ぎ、父は50過ぎの子で、旧戸籍謄本によると私の祖父(息子の曾祖父)はなんと安政生まれ、息子から5代遡った高祖父はこれまたなんと天保生まれである。じーちゃんたちと話した記憶が全くないのも納得。それで、その時代を調べてみた。

 天保時代は大飢饉、天保の改革などがあって激動の時代だったようだ。安政時代は安政の大獄が一つ覚えであるが、安政東海地震、安政南海地震と大地震が立て続けにあり、その後、安政八戸沖地震の強震で津波被害、江戸では暴風と高潮の大災害が、そしてなんと何年かのちコレラ、その後麻疹、それにまたコレラが追い打ちをかけた(国立文書館・web)。

 マスコミは過去のパターンをもって説明する傾向がある(コロナ禍、その後の経済予想をリーマンショック時と重ねるなど)が、それを真似ると、平成から今日までに起こったことが見事に重なるではないか、但し‥、安政東海、南海の大地震を除いて。それを生き抜いてきたじーちゃんが今も生きてたら、未来予測的な有益な話が聞けるのではないか。父が写した写真だけが残っている。

 それにしても、女系5代の記念写真、撮っておいて良かった~。

伊藤 明德

②先が見えない辛さ

「新型コロナウイルス」の感染が猛威をふるってます。もう不安がいっぱい。マスクも無ければ、外出もままならず…。

 「不要不急」の外出自粛要請を訴える政府の声に、緊張感を持ちますが、ニュースでは、花見に出掛けてきた人の姿を映していました。とても残念至極!!ほんとに人の解釈も千差万別。やりきれない毎日です。

 我が家も休校で、体力有り余ってる孫の生活リズムが気になるところでした。毎日欠かさずのゲーム大会。休みになった前半は、「イワシがバカ釣れ」の情報を聞いて、ムズムズし始め~。しかし休校中だし、濃厚接触しちゃうしと葛藤の表情。切ないよね。わかるよバアちゃんだって~。でもでも課題プリントそっちのけで、ゲームねぇ…。巷のニュースでは、「お部屋でイチゴ狩り」なんていう可愛い動画を見せてくれて、「みんな知恵をはたらかせてるなあ」と感心しました。孫同士で「将棋」・「百人一首」をしてはみたものの、2、3回でギブアップ。難しいなあ~。思い出したかのように野球部の孫はバッティングとグローブの手入れを始めました。ちょっとやれやれ。(笑)

 夏休みとは格段に違う閉塞感の中、とりあえず、元気でいられてる現況が続いていって欲しいと祈るばかり…。

 コロナウイルスの終息がいつなのか検討も付かない今、健全な思考力が息切れすることが怖いと思うのは私だけでしょうか?

 待ちわびたプロ野球もなかなか開幕のメドも立たないし、楽しい仲間との食事会も開けず、今はひたすら引きこもってワイドショーを見て学び(笑)、時々、畑へ~。

 スーパーへの買い物以外は、ほぼ「3密」環境になりにくい田舎。でも、まだまだ続くこの不安。田植えが終わる頃には明るい兆しが見えますように~。

磯貝みよ子