姪の就職2

「これから先、あまり有望な産業が期待できない。ただ再生医療など医学やがんの治療薬の分野では有望かもしれませんね」

「少子化が続き日本経済全体としては明るくなることは期待できないのですね」

「まあ、そうですが、これから先何が起こるかわかりませんよ。自然災害も頻発していますから、あまり心配してもキリがありません」

「私たちの時代はいいとしましても、子どもや孫の時代はどうなるか心配ですね」

「それはそうですが、歴史は苦難の道を繰り返しながら進歩してきました。これから先もそういうことではないでしょうか。いつの時代も楽だということはないのであって、どこで納得するか、妥協するか、我慢するしかないのだと思います」

「百年後に人口が半減、高齢者が大半の世の中、想像するだけでも恐ろしいですね」

「だけど人口は江戸時代と同じですから、工夫次第ではいい時代になるかもしれませんよ」

「私は今が大きな時代の節目だと思っています。その渦中にいますと、なかなか今の時代が見えないのですが、明らかに大きな変化の予兆を感じます」

「確かに時代の変化は一気に起こらないと見えませんね」

「戦争とか地震など一挙に変化を起こす外部からの力が働かないと、人々は変化に対応する術がわからないものです」

「そうですね。少子高齢化社会も五十年ほど前から指摘されていました。我々は頭で理解できても実感がないので、どうすることもできませんでした。政府でもその時になって年金、医療、介護などの制度、さらに財政の悪化も問題先送りでどうしようもない」

「政治家はわかっていても選挙に勝つためには選挙民の嫌がることを先送りしますから、結局は行き詰るまで手をつけません」

「これは日本に限りませんが、大変革が起こるときは極右勢力や左派政党が台頭して下手すると崩壊してしまいます」

「いやですわね」

「日本の景気はどうですか」

「先日、ワシントンDCに暮らす友人とSkype で話しました。日本ではガソリン価格が上がっていますが、アメリカでは下がっているのです」

「シェールオイルの影響ですか」

「友人が言うには、どうも違うらしいのです。アメリカ軍はイラクから撤退すると言いましたが、なぜアメリカはいまだに引き上げないのかというのです。イラクのガソリンは何処へ行ったのかということです。日本ではガソリン価格が上がっているのに、アメリカでは日本の半値のうえ下がっている?なぜか。識者も答えないのが不思議です」

「最近のアメリカはトランプが登場してからわからなくなりましたね」

真三は三人で話をしながらも焼酎のグラスに手を伸ばし、先の話の続きを再び始めた。

―真三が思った通り「頭金20%で残りはボーナスで支払ってください」と、各機種の上にピンクの蛍光塗料で書いた値札で買い気をそそっている。NECのPC-88001の価格は16万8、000円である。

「もう一つランク上の機種はどれですか」

「PC-8801です」

「どう違うのですか」

「機能がちがいます。やはり高いだけにいろいろな機能がついています」

「要するにPC-8801で出来ることをPC-88001ではできないことがあるのですね。例えばどのようなことですか」

「詳しいことはマニュアルを見ないとわかりませんが…」

「ということは、大きな違いがないということなんでしょう。かなり専門的な面で差が出てくると考えたらいいのでしょうね」

「まぁ、そうですね」

 真三はPCは高価なモノだけにいくつも買ったり買い替えたりできないので、無理しても上級クラスを買うことに決めていた。というのは、ステレオを購入した時がそうであったが、一番安いコンポーネント・タイプを買った。何回も聞いているうちに、もう一つ上のクラスの機種がほしくなった。耐久消費財を購入するとき、いつも手持ちの資金と相談しながら、より安いモノを選んでしまうが、冷蔵庫のような電化製品と違ってオーディオのような嗜好品的要素の強い商品は、可能な限り上のクラスを選んでおくと、あきがこないと真三は思っている。だからマイコンについても無理してでも上級機種を選ぶことにしたのだ。

「よう考えてから買いなさいや」と言われているので、とにかく一呼吸おいてから買うことにした。

 るり子のやり方に驚くことがある。百貨店で気に入って買っても、自宅に持ち帰って鏡の前で着てみて気にいらないと、翌日返しに行くのである。安物のブラウス、カーディガンでもそうする。このようなことは真三にはできない。だいたい時間の使い方がもったいないと思う。女の買い物と男の酒は同じようなもので無駄が多いということのようだ。

 買い物でもう一つ驚くことは、手元におカネがなくても気に入った衣服があれば、百貨店に預かってもらうようなことをすることだ。自分の気に入ったものが翌日、売り場に行くと売れてなくなってしまうと悔しくなるので、予約買いするのである。別にそれを買わないでも、気に入る衣服がいくらでもあるはずだから、おカネを持っている時に買ったらいいと真三は思う。だいたいるり子の買い物は無目的なところがあるから、そのようなことをするのだろう。

 マイコンの店でるり子は黙って見ている。真三はできることなら周辺機器やソフトウエアも一度に揃えようと考えている。

真三はしばらく思案した。というのは、VTRを買ったとき、できるだけシンプルな機構のものがいいだろうと考え、リモコンやリサーチ(検索)、一時停止、スローモーションなどの機能のない機種を選んだ。理由の一つには多機能なら故障率も高いだろうと考えてからである。それに価格的にも相当、割高であった。使ってみてわかったことは、多くの機能をもっていることは、それだけ便利だということを思い知らされた。リモコンも買っていなかったので、リサーチするときはいちいちテレビの下に置いてあるVTRのスイッチを停止、再生を繰り返して見つけなければならない。これが大変、面倒である。この時もちょっと安く買うためにシンプルなものを選んだことを悔やんだ。だからマイコン用のテープレコーダーも専用機を買うことにしたのである。

「マイコンでワープロもできるのですか」

 真三は店員に聞く。

「NECから簡易日本語ワードプロセッサというフロッピィデスクのソフトウエアがあります」

 フロッピィデスクについては、マイコンを知らない人には聞き慣れないものである。真三もその頃、知らなかった。これはテープレコーダーと同様、記録、再生の機能をもつが、スピードが速く及び蓄える情報量が多いのが特徴である。速いスピードが必要かというと、例えばゲームのソフトウエアーをマイコンに覚えさせ稼働するまでの時間はテープレコーダーなら5分ほどかかるが、フロッピィデスクのソフトウエアなら種類にもよるが、まず1分以内で可能である。わずかな時間の差のように思えるが、実際に使いだすとその差は大変、大きいことがわかる。テレビで広告の時間帯が短くなるのと似ている。フロッピィデスクのソフトウエアを使うと、テープレコーダーの使用が嫌になるのは事実である。

 フロッピィデスクはレコードのシングル版のように円盤状をした柔らかい磁気盤を窓のある四角な薄いボール紙のケースで包み直接、磁気盤に手を触れないようにしてある。これをディスケットと呼び、装置をフロッピィデスクという。真三はこれまでフロッピィデスクなど一度も操作したことがなかったが、テープレコーダーと同じように装置にディスケットを挿入してボタンを押せばいいのだろうと考えていた。 実はこれがとんだ誤りで、フロッピィデスクを扱いなれるまで大変、難しく悪戦苦闘することになった。

 ところで真三はマイコンでワープロができなければたぶん、購入する気になっていなかった。実際に使ってみても、ワープロとして使うことが圧倒的に多い。やがて初めからワープロ機能のついたマイコンも登場してきた。

「そうすると、フロッピィデスクと簡易日本語ワードプロセッサーのソフトを買えば、マイコンでワープロができるのですね」

「そうです。漢字ROMボードが本体には付いていませんので、ROMは買ってもらわなければなりません。値段ですが、38、000円です」

「要するにそのROMがないと、いくらソフトを持っていても使えないわけですね」

 漢字ROMボードとなると、真三はまるでわからない。用語辞典には「ICメモリーの一種で読み出し専用メモリー」とある。PCー8801には漢字を処理する頭脳がないので漢字ROMを追加装備してやらなければならない。この高価な頭脳は本体のフタをはずして自分で取り付けなければならない。図面通りやれば、そう難しいことではない。

 

■岡田 清治プロフィール

1942年生まれ ジャーナリスト

(編集プロダクション・NET108代表)

著書に『高野山開創千二百年 いっぱんさん行状記』『心の遺言』『あなたは社員の全能力を引き出せますか!』『リヨンで見た虹』など多数

※この物語に対する読者の方々のコメント、体験談を左記のFAXかメールでお寄せください。

今回は「就職」「日本のゆくえ」「結婚」「夫婦」「インド」「愛知県」についてです。物語が進行する中で織り込むことを試み、一緒に考えます。

FAX‥0569―34―7971

メール‥takamitsu@akai-shinbunten.net

 

Copyright©2003-2017 Akai Newspaper dealer

プライバシーポリシー

あかい新聞店・常滑店

新聞■折込広告取扱■求人情報■ちたろまん■中部国際空港配送業務

電話:0569-35-2861

 

あかい新聞店・武豊店

電話:0569-72-0356

あかい新聞店・常滑店

新聞■折込広告取扱■求人情報■ちたろまん■中部国際空港配送業務

電話:0569-35-2861

あかい新聞店・武豊店

電話:0569-72-0356

 

Copyright©2003-2017 Akai Newspaper dealer

プライバシーポリシー

姪の就職2

「これから先、あまり有望な産業が期待できない。ただ再生医療など医学やがんの治療薬の分野では有望かもしれませんね」

「少子化が続き日本経済全体としては明るくなることは期待できないのですね」

「まあ、そうですが、これから先何が起こるかわかりませんよ。自然災害も頻発していますから、あまり心配してもキリがありません」

「私たちの時代はいいとしましても、子どもや孫の時代はどうなるか心配ですね」

「それはそうですが、歴史は苦難の道を繰り返しながら進歩してきました。これから先もそういうことではないでしょうか。いつの時代も楽だということはないのであって、どこで納得するか、妥協するか、我慢するしかないのだと思います」

「百年後に人口が半減、高齢者が大半の世の中、想像するだけでも恐ろしいですね」

「だけど人口は江戸時代と同じですから、工夫次第ではいい時代になるかもしれませんよ」

「私は今が大きな時代の節目だと思っています。その渦中にいますと、なかなか今の時代が見えないのですが、明らかに大きな変化の予兆を感じます」

「確かに時代の変化は一気に起こらないと見えませんね」

「戦争とか地震など一挙に変化を起こす外部からの力が働かないと、人々は変化に対応する術がわからないものです」

「そうですね。少子高齢化社会も五十年ほど前から指摘されていました。我々は頭で理解できても実感がないので、どうすることもできませんでした。政府でもその時になって年金、医療、介護などの制度、さらに財政の悪化も問題先送りでどうしようもない」

「政治家はわかっていても選挙に勝つためには選挙民の嫌がることを先送りしますから、結局は行き詰るまで手をつけません」

「これは日本に限りませんが、大変革が起こるときは極右勢力や左派政党が台頭して下手すると崩壊してしまいます」

「いやですわね」

「日本の景気はどうですか」

「先日、ワシントンDCに暮らす友人とSkype で話しました。日本ではガソリン価格が上がっていますが、アメリカでは下がっているのです」

「シェールオイルの影響ですか」

「友人が言うには、どうも違うらしいのです。アメリカ軍はイラクから撤退すると言いましたが、なぜアメリカはいまだに引き上げないのかというのです。イラクのガソリンは何処へ行ったのかということです。日本ではガソリン価格が上がっているのに、アメリカでは日本の半値のうえ下がっている?なぜか。識者も答えないのが不思議です」

「最近のアメリカはトランプが登場してからわからなくなりましたね」

真三は三人で話をしながらも焼酎のグラスに手を伸ばし、先の話の続きを再び始めた。

―真三が思った通り「頭金20%で残りはボーナスで支払ってください」と、各機種の上にピンクの蛍光塗料で書いた値札で買い気をそそっている。NECのPC-88001の価格は16万8、000円である。

「もう一つランク上の機種はどれですか」

「PC-8801です」

「どう違うのですか」

「機能がちがいます。やはり高いだけにいろいろな機能がついています」

「要するにPC-8801で出来ることをPC-88001ではできないことがあるのですね。例えばどのようなことですか」

「詳しいことはマニュアルを見ないとわかりませんが…」

「ということは、大きな違いがないということなんでしょう。かなり専門的な面で差が出てくると考えたらいいのでしょうね」

「まぁ、そうですね」

 真三はPCは高価なモノだけにいくつも買ったり買い替えたりできないので、無理しても上級クラスを買うことに決めていた。というのは、ステレオを購入した時がそうであったが、一番安いコンポーネント・タイプを買った。何回も聞いているうちに、もう一つ上のクラスの機種がほしくなった。耐久消費財を購入するとき、いつも手持ちの資金と相談しながら、より安いモノを選んでしまうが、冷蔵庫のような電化製品と違ってオーディオのような嗜好品的要素の強い商品は、可能な限り上のクラスを選んでおくと、あきがこないと真三は思っている。だからマイコンについても無理してでも上級機種を選ぶことにしたのだ。

「よう考えてから買いなさいや」と言われているので、とにかく一呼吸おいてから買うことにした。

 るり子のやり方に驚くことがある。百貨店で気に入って買っても、自宅に持ち帰って鏡の前で着てみて気にいらないと、翌日返しに行くのである。安物のブラウス、カーディガンでもそうする。このようなことは真三にはできない。だいたい時間の使い方がもったいないと思う。女の買い物と男の酒は同じようなもので無駄が多いということのようだ。

 買い物でもう一つ驚くことは、手元におカネがなくても気に入った衣服があれば、百貨店に預かってもらうようなことをすることだ。自分の気に入ったものが翌日、売り場に行くと売れてなくなってしまうと悔しくなるので、予約買いするのである。別にそれを買わないでも、気に入る衣服がいくらでもあるはずだから、おカネを持っている時に買ったらいいと真三は思う。だいたいるり子の買い物は無目的なところがあるから、そのようなことをするのだろう。

 マイコンの店でるり子は黙って見ている。真三はできることなら周辺機器やソフトウエアも一度に揃えようと考えている。

真三はしばらく思案した。というのは、VTRを買ったとき、できるだけシンプルな機構のものがいいだろうと考え、リモコンやリサーチ(検索)、一時停止、スローモーションなどの機能のない機種を選んだ。理由の一つには多機能なら故障率も高いだろうと考えてからである。それに価格的にも相当、割高であった。使ってみてわかったことは、多くの機能をもっていることは、それだけ便利だということを思い知らされた。リモコンも買っていなかったので、リサーチするときはいちいちテレビの下に置いてあるVTRのスイッチを停止、再生を繰り返して見つけなければならない。これが大変、面倒である。この時もちょっと安く買うためにシンプルなものを選んだことを悔やんだ。だからマイコン用のテープレコーダーも専用機を買うことにしたのである。

「マイコンでワープロもできるのですか」

 真三は店員に聞く。

「NECから簡易日本語ワードプロセッサというフロッピィデスクのソフトウエアがあります」

 フロッピィデスクについては、マイコンを知らない人には聞き慣れないものである。真三もその頃、知らなかった。これはテープレコーダーと同様、記録、再生の機能をもつが、スピードが速く及び蓄える情報量が多いのが特徴である。速いスピードが必要かというと、例えばゲームのソフトウエアーをマイコンに覚えさせ稼働するまでの時間はテープレコーダーなら5分ほどかかるが、フロッピィデスクのソフトウエアなら種類にもよるが、まず1分以内で可能である。わずかな時間の差のように思えるが、実際に使いだすとその差は大変、大きいことがわかる。テレビで広告の時間帯が短くなるのと似ている。フロッピィデスクのソフトウエアを使うと、テープレコーダーの使用が嫌になるのは事実である。

 フロッピィデスクはレコードのシングル版のように円盤状をした柔らかい磁気盤を窓のある四角な薄いボール紙のケースで包み直接、磁気盤に手を触れないようにしてある。これをディスケットと呼び、装置をフロッピィデスクという。真三はこれまでフロッピィデスクなど一度も操作したことがなかったが、テープレコーダーと同じように装置にディスケットを挿入してボタンを押せばいいのだろうと考えていた。 実はこれがとんだ誤りで、フロッピィデスクを扱いなれるまで大変、難しく悪戦苦闘することになった。

 ところで真三はマイコンでワープロができなければたぶん、購入する気になっていなかった。実際に使ってみても、ワープロとして使うことが圧倒的に多い。やがて初めからワープロ機能のついたマイコンも登場してきた。

「そうすると、フロッピィデスクと簡易日本語ワードプロセッサーのソフトを買えば、マイコンでワープロができるのですね」

「そうです。漢字ROMボードが本体には付いていませんので、ROMは買ってもらわなければなりません。値段ですが、38、000円です」

「要するにそのROMがないと、いくらソフトを持っていても使えないわけですね」

 漢字ROMボードとなると、真三はまるでわからない。用語辞典には「ICメモリーの一種で読み出し専用メモリー」とある。PC-8801には漢字を処理する頭脳がないので漢字ROMを追加装備してやらなければならない。この高価な頭脳は本体のフタをはずして自分で取り付けなければならない。図面通りやれば、そう難しいことではない。