■村上信夫プロフィ−ル

2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や『鎌田實いのちの対話』など、NHKラジオの「声」として活躍。

現在は、全国を回り「嬉しい言葉の種まき」をしながら、文化放送『日曜はがんばらない』(毎週日曜10:00)、月刊『清流』連載対談?ときめきトークなどで、新たな境地を開いている。各地で『ことば磨き塾』主宰。

1953年、京都生まれ。元NHKエグゼクティブアナウンサー。

これまで、『おはよう日本』『ニュース7 』『育児カレンダー』などを担当。著書に『嬉しいことばの種まき』『ことばのビタミン』(近代文藝社)『ラジオが好き!』(海竜社)など。趣味、将棋(二段)。

http://murakaminobuo.com

 

■イネ・セイミプロフィール

フルート奏者として活躍中。俳画家。

絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。

俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

俳画教室開講中

ところ 常滑屋

と き 俳画教室 月2回 午後1時30~3時30分

会 費 1回 2,250円(3ヶ月分前納制)

問合せ 電話0569(35)0470

インディアンフルート教室開講しています。

誰でも簡単に音が出せる楽器です。

あなたも今日からミュージシャン。

受講生募集

会場:マツイシ楽器店ミュージックガーデン武豊

時間:隔週木曜日(月2回)10:00~11:00

形態:グループ

会費:1ヶ月8,802円(入会金)5,400 円

詳しくはマツイシ楽器店本社 教室係まで

フリーダイヤル:0120-37-5576

講師 イネ・セイミ

《日本インディアンフルートサークル協会ディレクター》

ネイティブアメリカンのスピリットが感じられる

インディアンフルート,その音色はやさしく心に響きます。

1レッスン・30分4,000円 会場・半田市桐ヶ丘

申込み・お問合せ

0569-89-7127

ine.seimi.jp@gmail.com

 

 

 東京・銀座で呉服店を営む泉二弘明(もとじひろあき)さんは、裸一貫、知識ゼロから出発して成功を遂げた。

 1949年、奄美大島生まれ。1979年、銀座店をオープン以来、女性の着物専門店、和文化の発信をするギャラリー、大島紬の専門店、男性の着物専門店と、専門特化した店を展開してきた。蚕品種「プラチナボーイ」のプロデュースで農林水産大臣賞も受賞した。

 着物のプロに徹しようと思って、洋服は20年あまり前に全て捨てた。30歳で銀座に自分の店をもつとか、年商1億を目指すとか、つねに具体的な目標を立てて自分を追い込んできた。「退路を断たないと、人間は楽なほうに逃げてしまいますからね…」。

 

父の大島紬が道を開いた

 呉服で生きようと決心したのは21歳のときだ。

 箱根駅伝に出たい一心で東京の大学に入ったが、すぐにケガをして夢が破れてしまった。みじめな気持ちになり、誰にも会いたくなくて、引きこもり生活を送っていた。

 そんなあるとき、上京する際、母がもたせてくれた荷物の中に、父の形見の大島紬を見つけた。何気なく羽織ったら、父の声が聞こえてきた。「着物で商売の道を開いたらどうだ? 陸上選手の夢をこっちに傾けてはどうか」と。

 だが、着物の知識は全くなかった。まず日本橋の問屋で修業したが、そこで飛び交う言葉は、まるで宇宙語。付け下げとか訪問着とかいわれてもさっぱりわからず、電話をとることも怖くてできなかった。着物事典を読んで勉強し、夜は着付け教室に通った。

 目標があるから、どんな苦労も乗り越えられた。

「お客さまのお役に立ちたい、お客さまに喜んでもらいたいという気持ちのほうが大きくて。私はずっと、自分がお客さんだったらどうしてほしいかと考えてきて、それはいまも変わりません」。

 いまの泉二さんからは、想像もつかないが、「ご町内のみなさま~」と拡声器で言いながらって、ちり紙交換もした。独立資金を貯めるために、一年間頑張った。客の不平不満をなくすために秤できちんと重さを量ったり、雨の日は休みという業界の常識を破って団地を一軒ずつ回ったり、ここでも客の立場になって仕事をした。一年間で三〇〇万円集めた。

 店を始めるのは、どうしても銀座でというこだわりがあった。銀座はファッションの発信地で、商人のあこがれの街。たった一度の人生、一坪か二坪の小さな店でもいいから銀座でチャレンジしたいと思った。

 そして、一九七九年六月、30歳直前にして、目標を叶えた。最初は共用の貸し事務所に机一つ、電話一本から始めた。客の家に行き、着物の虫干しの手伝い、お出かけ前の着付けにも出向いた。

 泉二さんは顧客一人一人のカルテを作り、顧客情報をいわば「見える化」した。

 店を開く前、人脈作りをするために一年間、病院を回って医薬品を販売する仕事をしたのだが、そのとき、患者のカルテをヒントに顧客の名簿作りを思いついた。カルテには、購入してもらった着物の写真とともに、家族構成や趣味など、わかっていることはすべて書いてある。数十年ぶりの客でも、それを見るとわかるようになっている。いまでは一万人近いカルテがある。

 ある日、30年近くご無沙汰していたご夫婦が娘と孫と来店したとき、「お嬢さんが七五三のときに着た着物はこれでしたね」といったら感激された。若かりし頃の祖母の写真を見た孫が「おばあちゃん、きれい!」と言うのを聞いて、祖母の顔が綻んだ。

 

誰もやらないことをやる

 泉二さんは業界の常識を次々と変えていく。

 仕立て代込みの価格設定、業界初の男の着物専門店を開くなど、人のやらない新しいことにチャレンジしてきた。周りは、どうせ出来ない、どうせ続かないと批判的だったが、泉二さんには採算があった。「日本の人口の半分、六五〇〇万人は男性です。その一〇万分の一の六五〇人に年間三〇万円の着物を買ってもらえたら、二億円の市場になります」。泉二さんの思惑通り、銀座を着物姿で歩く男性が増えてきた。

 「やればできると思いましたね。これは業界の活性化にもなる。そうすると作り手の人たちも元気になるんです」。

 

 泉二さんの視線の先には、いつも作り手の顔がある。

 今年の二月、帝国ホテルでドレスコードを大島紬としたパーティーを開催された。僕も出席したが、出席者三五〇人全員が大島紬を着ている光景は圧巻だった。何よりすばらしいと思ったのは、主役が奄美大島の職人さんたちだったことだ。「島にいる職人さんたちは、自分が作ったものを身にまとっている人たちをあまり見たことがないので、とても喜んでくれました。それがいちばんうれしかった。これで島のみんなも奮起してくれたらありがたいなと思いました」

 もうひとつ、泉二さんの視線は、銀座の柳に向いている。銀座の柳を使った「柳染め」を考え出した。銀座の柳染めは、泰明小学校の校外学習に組み込まれて、地域貢献の一役も担っている。「銀座という地で商売させてもらう者として、地域に還元するのは当たり前のことです。私は子どもたちに命の大切さを知ってもらいたかったんです。銀座の柳染めは、枝打ちされる柳の葉の命を生かしたくて反物の草木染めに使おうと考えたのが始まりでした。命をいただいていることを子どもたちに伝えると、校庭で散った柳の葉をきれいに集めてくれるんです」。

 白生地に柳染めしたハンカチを、子どもたちに配る活動も今年で二〇年目になった。

 

 この人は万事に「そつ」がない。商売人だから、当たり前と言えば当たり前なのだが、それにしてもなのだ。だが、その「そつ」は、上辺だけのものではない。

 「蚕が吐き出すたった一本の糸から日本人を輝かせたい」と本気で思っている。その一念が、「そつ」を出させないのだ。

 生まれ故郷・奄美や銀座への思いも一入だ。作り手が報われることを考え続け、販売員が、商品に誇りが持てるよう気配りしている。客の心を想像することを第一義に掲げている。ここにも「そつ」がない。いやはや「そつ」だらけのボクなどは、誂えた大島紬に袖を通す機会を少しでも増やし、泉二さんの足元に及ぶべくもないものの、足元くらいにはたどり着きたい。

 

Copyright©2003-2017 Akai Newspaper dealer

プライバシーポリシー

あかい新聞店・常滑店

新聞■折込広告取扱■求人情報■ちたろまん■中部国際空港配送業務

電話:0569-35-2861

 

あかい新聞店・武豊店

電話:0569-72-0356

あかい新聞店・常滑店

新聞■折込広告取扱■求人情報■ちたろまん■中部国際空港配送業務

電話:0569-35-2861

あかい新聞店・武豊店

電話:0569-72-0356

 

Copyright©2003-2017 Akai Newspaper dealer

プライバシーポリシー

 東京・銀座で呉服店を営む泉二弘明(もとじひろあき)さんは、裸一貫、知識ゼロから出発して成功を遂げた。

 1949年、奄美大島生まれ。1979年、銀座店をオープン以来、女性の着物専門店、和文化の発信をするギャラリー、大島紬の専門店、男性の着物専門店と、専門特化した店を展開してきた。蚕品種「プラチナボーイ」のプロデュースで農林水産大臣賞も受賞した。

 着物のプロに徹しようと思って、洋服は20年あまり前に全て捨てた。30歳で銀座に自分の店をもつとか、年商1億を目指すとか、つねに具体的な目標を立てて自分を追い込んできた。「退路を断たないと、人間は楽なほうに逃げてしまいますからね…」。

 

父の大島紬が道を開いた

 呉服で生きようと決心したのは21歳のときだ。

 箱根駅伝に出たい一心で東京の大学に入ったが、すぐにケガをして夢が破れてしまった。みじめな気持ちになり、誰にも会いたくなくて、引きこもり生活を送っていた。

 そんなあるとき、上京する際、母がもたせてくれた荷物の中に、父の形見の大島紬を見つけた。何気なく羽織ったら、父の声が聞こえてきた。「着物で商売の道を開いたらどうだ? 陸上選手の夢をこっちに傾けてはどうか」と。

 だが、着物の知識は全くなかった。まず日本橋の問屋で修業したが、そこで飛び交う言葉は、まるで宇宙語。付け下げとか訪問着とかいわれてもさっぱりわからず、電話をとることも怖くてできなかった。着物事典を読んで勉強し、夜は着付け教室に通った。

 目標があるから、どんな苦労も乗り越えられた。

「お客さまのお役に立ちたい、お客さまに喜んでもらいたいという気持ちのほうが大きくて。私はずっと、自分がお客さんだったらどうしてほしいかと考えてきて、それはいまも変わりません」。

 いまの泉二さんからは、想像もつかないが、「ご町内のみなさま~」と拡声器で言いながらって、ちり紙交換もした。独立資金を貯めるために、一年間頑張った。客の不平不満をなくすために秤できちんと重さを量ったり、雨の日は休みという業界の常識を破って団地を一軒ずつ回ったり、ここでも客の立場になって仕事をした。一年間で三〇〇万円集めた。

 店を始めるのは、どうしても銀座でというこだわりがあった。銀座はファッションの発信地で、商人のあこがれの街。たった一度の人生、一坪か二坪の小さな店でもいいから銀座でチャレンジしたいと思った。

 そして、一九七九年六月、30歳直前にして、目標を叶えた。最初は共用の貸し事務所に机一つ、電話一本から始めた。客の家に行き、着物の虫干しの手伝い、お出かけ前の着付けにも出向いた。

 泉二さんは顧客一人一人のカルテを作り、顧客情報をいわば「見える化」した。

 店を開く前、人脈作りをするために一年間、病院を回って医薬品を販売する仕事をしたのだが、そのとき、患者のカルテをヒントに顧客の名簿作りを思いついた。カルテには、購入してもらった着物の写真とともに、家族構成や趣味など、わかっていることはすべて書いてある。数十年ぶりの客でも、それを見るとわかるようになっている。いまでは一万人近いカルテがある。

 ある日、30年近くご無沙汰していたご夫婦が娘と孫と来店したとき、「お嬢さんが七五三のときに着た着物はこれでしたね」といったら感激された。若かりし頃の祖母の写真を見た孫が「おばあちゃん、きれい!」と言うのを聞いて、祖母の顔が綻んだ。

 

誰もやらないことをやる

 泉二さんは業界の常識を次々と変えていく。

 仕立て代込みの価格設定、業界初の男の着物専門店を開くなど、人のやらない新しいことにチャレンジしてきた。周りは、どうせ出来ない、どうせ続かないと批判的だったが、泉二さんには採算があった。「日本の人口の半分、六五〇〇万人は男性です。その一〇万分の一の六五〇人に年間三〇万円の着物を買ってもらえたら、二億円の市場になります」。泉二さんの思惑通り、銀座を着物姿で歩く男性が増えてきた。

 「やればできると思いましたね。これは業界の活性化にもなる。そうすると作り手の人たちも元気になるんです」。

 

 泉二さんの視線の先には、いつも作り手の顔がある。

 今年の二月、帝国ホテルでドレスコードを大島紬としたパーティーを開催された。僕も出席したが、出席者三五〇人全員が大島紬を着ている光景は圧巻だった。何よりすばらしいと思ったのは、主役が奄美大島の職人さんたちだったことだ。「島にいる職人さんたちは、自分が作ったものを身にまとっている人たちをあまり見たことがないので、とても喜んでくれました。それがいちばんうれしかった。これで島のみんなも奮起してくれたらありがたいなと思いました」

 もうひとつ、泉二さんの視線は、銀座の柳に向いている。銀座の柳を使った「柳染め」を考え出した。銀座の柳染めは、泰明小学校の校外学習に組み込まれて、地域貢献の一役も担っている。「銀座という地で商売させてもらう者として、地域に還元するのは当たり前のことです。私は子どもたちに命の大切さを知ってもらいたかったんです。銀座の柳染めは、枝打ちされる柳の葉の命を生かしたくて反物の草木染めに使おうと考えたのが始まりでした。命をいただいていることを子どもたちに伝えると、校庭で散った柳の葉をきれいに集めてくれるんです」。

 白生地に柳染めしたハンカチを、子どもたちに配る活動も今年で二〇年目になった。

 

 この人は万事に「そつ」がない。商売人だから、当たり前と言えば当たり前なのだが、それにしてもなのだ。だが、その「そつ」は、上辺だけのものではない。

 「蚕が吐き出すたった一本の糸から日本人を輝かせたい」と本気で思っている。その一念が、「そつ」を出させないのだ。

 生まれ故郷・奄美や銀座への思いも一入だ。作り手が報われることを考え続け、販売員が、商品に誇りが持てるよう気配りしている。客の心を想像することを第一義に掲げている。ここにも「そつ」がない。いやはや「そつ」だらけのボクなどは、誂えた大島紬に袖を通す機会を少しでも増やし、泉二さんの足元に及ぶべくもないものの、足元くらいにはたどり着きたい。

■村上信夫プロフィ−ル

2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や『鎌田實いのちの対話』など、NHKラジオの「声」として活躍。

現在は、全国を回り「嬉しい言葉の種まき」をしながら、文化放送『日曜はがんばらない』(毎週日曜10:00?)、月刊『清流』連載対談?ときめきトークなどで、新たな境地を開いている。各地で『ことば磨き塾』主宰。

1953年、京都生まれ。元NHKエグゼクティブアナウンサー。これまで、『おはよう日本』『ニュース7 』『育児カレンダー』などを担当。著書に『嬉しいことばの種まき』『ことばのビタミン』(近代文藝社)『ラジオが好き!』(海竜社)など。趣味、将棋(二段)。

http://murakaminobuo.com

 

■イネ・セイミプロフィール

フルート奏者として活躍中。俳画家。

絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。

俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

 

俳画教室開講中

ところ 常滑屋

と き 俳画教室 月2回 午後1時30~3時30分

会 費 1回 2,250円(3ヶ月分前納制)

問合せ 電話0569(35)0470

インディアンフルート教室開講しています。

誰でも簡単に音が出せる楽器です。

あなたも今日からミュージシャン。

受講生募集

会場:マツイシ楽器店ミュージックガーデン武豊

時間:隔週木曜日(月2回)10:00~11:00

形態:グループ

会費:1ヶ月8,802円(入会金)5,400 円

詳しくはマツイシ楽器店本社 教室係まで

フリーダイヤル:0120-37-5576

 

講師 イネ・セイミ

《日本インディアンフルートサークル協会ディレクター》

ネイティブアメリカンのスピリットが感じられる

インディアンフルート,その音色はやさしく心に響きます。

1レッスン・30分4,000円 会場・半田市桐ヶ丘

申込み・お問合せ

0569-89-7127

ine.seimi.jp@gmail.com