世界料理事情

ヨーロッパやアメリカの一軒家を借りて2週間そこで暮らすと台所事情からお国柄が見えてきます。

私たちは現地のスーパーを利用し、食材を買って借りた家の台所で調理します。そうするといかに日本の台所と考え方が違うかを考えさせられます。

①体格の違いからくる大きさ・重さの問題

私は170cm近いので、自宅を作る際流し台を10cmかさ上げしてもらって85cmにしてもらっています。海外のキッチンはこれに近いか、もっと高くできています。もちろんキッチンだけでなく、洗面所からドアノブの位置まですべてが高いです。システムキッチンは引き出し、食器洗い機、冷蔵庫、すべてが大きく重いです。調理器具も推して知るべくフライパンも鍋も取っ手は太い、重い、大きくできています。

②進んでる調理家電

食器洗い機は大きな鍋も丸ごと入る容量ですし、コーヒーは一人分ずつお茶パックをセットすると簡単に安く美味しいものが出てきます(日本の某メーカーよりうんと安いです) 。オーブンは本当に巨大七面鳥も丸ごと入る大きさです。ブレンダーや湯沸しポット、バーベキューグリルまでその他使い方がわからないいろんな家電。

③合理性

これは日本と同じ簡単便利な冷凍食品と半調理品。すごい種類です。ベルギーではハーブやバターやワインまで入ったムール貝の真空パックを生で買い求めました。スーパーの中に前菜・メイン・ドルチェ・ベーカリー・本格酒屋とすべて揃う楽しさです。

④日本って素晴らしいと思うこと

私たちが必ず現地で買うもの。それは包丁です。エッ、包丁位ないの?と思われるかもしれませんが、備え付けられているのは、チーズカッター、パン切ナイフ、普通の包丁より大きめの肉切り包丁。そして総じて切れない!本当に切れません!料理好きな私たちは何とか研いで努力しますが、現地で買った方がまだましという感じです。また私たちが日本から必ず持っていくものは、ラップです。海外のラップは本当に使い勝手が悪く、ふにゃふにゃの箱に切れないカッターがついておまけに幅が40cmもあるのです。密着度も悪く日本製品は素晴らしいと心から感じる一品です。薄切り肉がない!薄切り肉を使うレシピがないんでしょうね…。薄くカットしてくれと言ったらガタガタに1cmくらいの厚みで切ってくれました。

食に対する考え方も違います。日本人は過程を楽しむ行事や店もありますよね?例えばそば打ち体験とか餅つきとか流しそうめんとか、出来上がるのが楽しい。食べるのも楽しむ。欧米ではそういったお店や行事に遭遇したことはありません。美味しいものを作るのはプロ。どうして苦労してわざわざめんどくさいことをするんだ?という風に思えます。

まな板一つとってもびっくりしましたが、ヨーロッパは肉用・魚用・野菜用・チーズ用・パン用と5枚はあります。最初は匂いが強い食材が多いからかなあ?などと思いましたが、ヨーロッパはかつて水がよくなかった時代が長かったのでいちいち洗う回数を減らしたかったなごりかなと思います。日本は昔から水が豊富ですし、脂っこい料理をしてこなかった歴史があるのでヒノキのまな板一つで足りたのでしょうね。

今、たくさんの外国人が日本にやってきています。日本の便利さを知ったら本当にびっくりするでしょう。需要があるから作ってやるといった供給の考え方とは違い、食べる・使う相手のことを思いやった商品が日本人の考え方です。

これはほかのどこの国より優れています。世界をまわるたびに私は日本人であることに誇りを感じます。

次号で、旅の報告をします

 

第13回 野美の会展 半田市雁宿ホール2階

出品作 F6号 水彩「インスピレーション」

 

Copyright©2003-2017 Akai Newspaper dealer

プライバシーポリシー

あかい新聞店・常滑店

新聞■折込広告取扱■求人情報■ちたろまん■中部国際空港配送業務

電話:0569-35-2861

 

あかい新聞店・武豊店

電話:0569-72-0356

あかい新聞店・常滑店

新聞■折込広告取扱■求人情報■ちたろまん■中部国際空港配送業務

電話:0569-35-2861

あかい新聞店・武豊店

電話:0569-72-0356

 

Copyright©2003-2017 Akai Newspaper dealer

プライバシーポリシー

世界料理事情

ヨーロッパやアメリカの一軒家を借りて2週間そこで暮らすと台所事情からお国柄が見えてきます。

私たちは現地のスーパーを利用し、食材を買って借りた家の台所で調理します。そうするといかに日本の台所と考え方が違うかを考えさせられます。

①体格の違いからくる大きさ・重さの問題

私は170cm近いので、自宅を作る際流し台を10cmかさ上げしてもらって85cmにしてもらっています。海外のキッチンはこれに近いか、もっと高くできています。もちろんキッチンだけでなく、洗面所からドアノブの位置まですべてが高いです。システムキッチンは引き出し、食器洗い機、冷蔵庫、すべてが大きく重いです。調理器具も推して知るべくフライパンも鍋も取っ手は太い、重い、大きくできています。

②進んでる調理家電

食器洗い機は大きな鍋も丸ごと入る容量ですし、コーヒーは一人分ずつお茶パックをセットすると簡単に安く美味しいものが出てきます(日本の某メーカーよりうんと安いです) 。オーブンは本当に巨大七面鳥も丸ごと入る大きさです。ブレンダーや湯沸しポット、バーベキューグリルまでその他使い方がわからないいろんな家電。

③合理性

これは日本と同じ簡単便利な冷凍食品と半調理品。すごい種類です。ベルギーではハーブやバターやワインまで入ったムール貝の真空パックを生で買い求めました。スーパーの中に前菜・メイン・ドルチェ・ベーカリー・本格酒屋とすべて揃う楽しさです。

④日本って素晴らしいと思うこと

私たちが必ず現地で買うもの。それは包丁です。エッ、包丁位ないの?と思われるかもしれませんが、備え付けられているのは、チーズカッター、パン切ナイフ、普通の包丁より大きめの肉切り包丁。そして総じて切れない!本当に切れません!料理好きな私たちは何とか研いで努力しますが、現地で買った方がまだましという感じです。また私たちが日本から必ず持っていくものは、ラップです。海外のラップは本当に使い勝手が悪く、ふにゃふにゃの箱に切れないカッターがついておまけに幅が40cmもあるのです。密着度も悪く日本製品は素晴らしいと心から感じる一品です。薄切り肉がない!薄切り肉を使うレシピがないんでしょうね…。薄くカットしてくれと言ったらガタガタに1cmくらいの厚みで切ってくれました。

食に対する考え方も違います。日本人は過程を楽しむ行事や店もありますよね?例えばそば打ち体験とか餅つきとか流しそうめんとか、出来上がるのが楽しい。食べるのも楽しむ。欧米ではそういったお店や行事に遭遇したことはありません。美味しいものを作るのはプロ。どうして苦労してわざわざめんどくさいことをするんだ?という風に思えます。

まな板一つとってもびっくりしましたが、ヨーロッパは肉用・魚用・野菜用・チーズ用・パン用と5枚はあります。最初は匂いが強い食材が多いからかなあ?などと思いましたが、ヨーロッパはかつて水がよくなかった時代が長かったのでいちいち洗う回数を減らしたかったなごりかなと思います。日本は昔から水が豊富ですし、脂っこい料理をしてこなかった歴史があるのでヒノキのまな板一つで足りたのでしょうね。

今、たくさんの外国人が日本にやってきています。日本の便利さを知ったら本当にびっくりするでしょう。需要があるから作ってやるといった供給の考え方とは違い、食べる・使う相手のことを思いやった商品が日本人の考え方です。

これはほかのどこの国より優れています。世界をまわるたびに私は日本人であることに誇りを感じます。

次号で、旅の報告をします

 

第13回 野美の会展 半田市雁宿ホール2階

出品作 F6号 水彩「インスピレーション」