海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
班日記から
ニャンコ(3/1(火))
          T・M男
 三時間目にみんなで図書室に行ったら、ほかの先生とほかの人たちがいたので帰ってきた。先生が「じゃ三時間目に行こう」と言った。そして、三時間目に行ったら、また、ほかの先生とほかの人たちがいた。帰って運動場に出て、ベースボールをした。赤白に別れてやりました。し合は19対3で白の方がかちました。楽しかった!!
※図書館の日程表を見ていない先生が悪かった。ごめんなさい。運動場でフットベースボールをしたけど、先生はつかれた。

イカちゅう(3/2(水))
          S・S男
 六年の人がこうもりをもってきました。ちょっとさわると、口をあけて「キー」となきました。でもかわいかった。
※こうもり、学校にたくさんいるんだよ。夜、先生が帰るころ、運動場の上をとんでいるよ。はじめてこうもりを見た人もいるだろうな。六年生の人にお礼を言っておこうね

ハチグループ(3/3(木))
          S・K女
 こうもりがしんでしまった。私たちの班は、生きもの係なので、男の子が「こうもりのはかを作る」と言いました。女の子だったらひなまつりの日にしんでしまったことになります。かわいそう。
※かわいそうだったね。でも、みんなのかわいい顔を見たので、しあわせだったかもね。天国でたのしく三年三組のみんなのことを話しているかもね…。

三月上旬からインフルエンザが三年三組にも蔓延しましたが、幸い学級閉鎖までにはいたりませんでした。

キング・コング (3/4(金))
          I・K女
 私たちの班でNちゃんとSくんが休んだので、きゅうしょくのとき、先生が私たちのところで食べることになりました。先生があまったフルーツみたいのを私にくれました。私の心の中で「先生はやさしいな」と思いました。
※そりゃ、せんせいはやさしいよ。みんなにやさしくすることはかんたんだけど、やさしすぎるのもよくないしね。きびしいのもやさしさの一つだよ。