海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
 三学期になり、日頃、子どもたちの成長した姿を観察されていろいろの感想を詩や文章にし、寄稿してもらったものを紹介します。

班日記より
◎ニャンコ(1月17日(月))
           T・M男
 一時間目の放課に場所かえをしました。でも一週間ずつ場所をかえるので、毎週月曜日になるとすぐ場所をまちがえるのです。なので、月曜日は、やだのです。
※学級経営の要である班活動を行っているため、席替えではなく、班ごとに時計回りで移動するのです。班の中での席移動はよいことにしていました。

◎ジョーズ(1月20日(木))
           N・K女
 五時間目に、図工のはん画でローラーをくるくる回して大きな黄色の紙にうつしました。どこの班もじょうずでした。でも「イカちゅう」と「天才バカボン」の班がおくれました。イカちゅうの班は間に合ってローラーでやりました。でも天才バカボンの班はできませんでした。
 時間がきたので、やめてきれいにかたづけて帰りました。
 これからは、もう少し早くやった方がいいと思うけど、グチャグチャで早くできるなら、だれでもできる。早くてきれいにやろう。

なかよしY23(1・27)

雑草であれ
          T・M男の母
緑一面の中の小さな小さな若草よ
寒いからって 負けるんじゃないよ
若草よ
悲しいからって 泣くんじゃないよ
甘ったれは 卒業しようね
踏まれたって 立ち上がろう
踏まれたって 根をはろう
私の好きな、私の好きな 雑草よ
数多くの花の中の草花よ
数多くの花の中の たった一輪の草花よ
美しい花でなくてもいいんだよ
私は草花が大好き
私の好きな、私の好きな
やさしい、やさしい 雑草であれ