海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
 「いろいろ新聞二世」には、編集委員による四週間の長期連載の「墓をあばく老婆」や四年生の時にはできなかった二重とびを毎日練習し、二十回以上もとべるようになったK・M女の「二重とび」(作文)や詩など投稿したものがありますが、紙面の都合で紹介することができないのは残念です。また、学級通信「スクラム」に載せている作品についても然りです。

土曜日の午後に!
 二学期の終わり頃からだったでしょうか。毎土曜日になると、学校へやってきて「カンケリ」遊びをしているグループがいるのです。先週の土曜日には、二・三人の女の子も交えてやっていました。その子たちは、五年二組の子たちでした。
 はじめのうちは、「お、遊んでいるなあ」というほどでしたが、最近では「次第に輪を広げて、みんなと遊べるようになりだしたんだなあ」と、うれしさがこみあげてきました。
 土曜日、つまらないとき、学校に来て、このようにみんなと遊んだらと思っています。
(1/23付「スクラムY18」)

3/5付「Y22」より
こい
      N・S女
川を見ると水面に まるいわができている

少しはなれた所にまた、わができた

また、わができた
大きな金色のような色をしたこいが
ゆうゆうと泳いでいる

まえ、
お父さんが言っていた
にしきごいだろう

卓球
       W・S男
卓球クラブは、
ただ卓球をして遊ぶだけ。
たいくつな時もあるが、
おもしろい時もある。
六年生は変化球も出す。
ぼくはできない。

習字

      N・Y女
後ろに、習字がはってある。
「花畑」
と書いてある習字。

でも、私の習字は、はっていない。