海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
これまでの『学級通信・文集「スクラム」』の作品でトランプ遊び(スピード、うすのろのばか)が出てきました。今回は「スピード」の遊び方を紹介します。

◇遊ぶ人数
 二人(三人でも可)

◇使用カード
 五二枚(ジョーカー除く)

◇ゲームの進め方
@五四枚のカードをよくシャッフルし、二等分する。一枚ずつ配るか、二つの山に分けるか、話し合って決める。
A自分の手札を裏向きに持ち、まず、自分の前に自分の手札から、四枚を間隔を開けて表向きに並べる(場札)。もし、同じ 数字のカードであれば重ねてもう一枚出せる。
B「いっせっせーのせ」の掛け声を出して一枚を自分の場札と相手の場札の間に出す(台札)。
Cお互いの台札の上に、自分の場札に出せるカード(マークは関係なく台札と同じ数字か前後の数 字のカード)があるかを見て出せれば、台札の上に素早く置く。
D出せるカードがあれば相手より早く台札に重ねる。そして、自分の場札には、常に四組のカードが並んでいるようにする。そのために、場札を出すたびに、手札から出していく必要がある。
Eどちらかが出せなくても片方が出せれば、カードを出し続けることができる。しかし、二人ともが出せなくなったら、Bと同じように繰り返し、ゲームを続けていく。
Fこうして続けて手札のカードが早くなくなった方が勝ちとなる。

※ジョーカーを入れた場合
◆場札を並べるときに出たら、五枚にしていていつでも使える。使うときには、どんな数字の上にも置けるし、そのジョーカーの上にはどんな数字でも置ける。しかし、相手もそのジョーカーの上に置くことができるので、ジョーカーを出すタイミング(スピード=速さ)が必要になる。
◆手札や場札が早くなくなってもジョーカーが残っていたら、負けとなる。