海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
 乳幼児との「あやしあそび」から「からだあそび」になると、とうちゃん・かあちゃん、じいちゃん・ばあちゃんも体力がいるようになります。でも、赤ちゃんをかかえたり、体の上に乗せたり、足に乗せたりするのは、筋力アップにつながるのではないでしょうか。それによって、これまで以上にスキンシップがとれるものと期待しています。
 赤ちゃんは乗り物が大好き。みなさんが乗り物になって遊んでやりましょう。

自動車ブーブーブー
@胡座(あぐら)を組んで赤ちゃんを座らせる。両手をとって「出ぱーつ。ブーブーブー」と言いながら、両手を左右にハンドル操作を大きくする。
A「右に曲がりまーす、左に曲がりまーす」と言って大きく右・左に体をかたむける。
B「でこぼこ道でーす」と上下、左右にゆらす。
C赤ちゃんの脇に手を入れて「のぼり道でーす」と言いながら、赤ちゃんの体を上にあげる。(上げておくのにどれだけ辛抱できるでしょうか)
D「くだりまーす」と、赤ちゃんの体を胡座の上におろす。

 これをくりかえしやってやると、赤ちゃんも大喜び間違いなしでしょう。

飛行機ブーン
@膝をまげてねころぶ。膝の所に赤ちゃんをつかせて赤ちゃんのまたに足を入れる。
A両腕をつかんで「ひこうき、とびたちまーす」と曲げていた膝をゆっくりと水平にしていく。
Bじょじょに膝を曲げたり水平にしたりしながら、少しずつ速くしていく。
C赤ちゃんの胸か脇の辺りを持って、「もっと高く飛びまーす。ブーン」と声かけして膝をのばして足の裏に赤ちゃんを乗せて水平飛行をする。
D「かみなりさまだー、ブーン」と言って急降下したり、「また高く上がりまーす。ブーン」と言いながら上げたりしていく。この動作をくりかえすのもよい。
E水平飛行になったら、赤ちゃんの両手を翼のようにぴんとさせて飛行機になったつもりにさせる。
F「ひこうき、とうちゃくしまーす」と言い、じょじょに膝を曲げていく。

 どうでしょう。いい運動になると思いませんか。それぞれの節で工夫してみるのもいいでしょう。