海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
 平成一九年丁亥(ひのとい)もまた、五穀豊穣と無病息災でありますように祈願し、「亥の子の歌」を紹介しながら今年の締めに致します。

お恵比須コイ 大黒コイ 大黒様の庭には
 一に俵踏んまえて
 二でにっこり笑うて
 三で酒造って
 四で世の中良い様に
 五ついつものごとくに
 六つ無病息災に
 七つ何事無いように
 八つ屋敷を広げ建て
 九つ小蔵を建ておいて
 十でとって納めた」

---------------------------------------

「うぐいすが うぐいすが
 初めて都へのぼるとき
 都は広いと申せども
 一夜の宿を借りかねて
 春咲く花を夢に見て
 ホーケキョと鳴いたとさ」

---------------------------------------

「石割りにかけましょう
   わしゃ 石割らぬ
  石屋衆こそ
    石割るものよ
 二割りにかけましょう
   わしゃ 荷は持たぬ
  遍路衆こそ
    荷を持つものよ
 三割りにかけましょう
   わしゃ 産せんぞ
  女衆こそ
    産するものよ
 四割りにかけましょう
   わしゃ しし射たぬ
  猟師衆こそ
    しし射つものよ
 五割りにかけましょう
   わしゃ 碁はうたぬ
  旦那衆こそ
    碁をうつものよ
 六割りにかけましょう
   わしゃ ろはこがぬ
  船頭衆こそ
    ろをこぐものよ
 七割りにかけましょう
   わしゃ 質おかぬ
  貧乏すりゃこそ
    質おくものよ
 八割りにかけましょう
   わしゃ 鉢わらぬ
  若い衆こそ
    鉢わるものよ
 九割りにかけましょう
   わしゃ 鍬持たぬ
  百姓衆こそ
    鍬持つものよ
 十割りにかけましょう
   わしゃ 銃持たぬ
  猟師衆こそ
    銃持つものよ」