海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
元気のでてくることばたち 村上信夫NHKアナウンサー

意の意味
 世界的に最も権威あるチャイコフスキー国際コンクールで、18歳のときに史上最年少の優勝を果たしたヴァイオリニストの諏訪内晶子さん。「NHKおはよう日本」の出演時以来20年ぶりの再会を果たした。
 そのとき、色紙に好きな言葉を書いてとお願いしたら、ものすごく悩んだ末に、一文字書いてくれた。そのことを言うと、「『翔』もいいなと迷いながら、結局『意』という字を書きました」と、よく覚えていた。

 当時、「意」は、意味のある音を出すということで、それが「音の心でもある」と説明してくれた。「音の心というより、音楽全体に意味があるといったほうがよかったですね」と述懐する。
 迷いに迷って書いた『意』。いまにして思えば、諏訪内晶子を体現する文字だと思う。意志の強い人だ。それは、時の流れの中でも不変だ。自分の時々の置かれた立場の意味を理解し、意図した上での行動をとってきた。それが聴き手に「音の心」を意識させる演奏につながるのだろう。

ストイック
 諏訪内さんは、常に音楽全体の意味を考えながら練習している。練習のときからあまり考えずに意味のない音を出していると、舞台でも出てしまうのだそうだ。
 小学4 年生のときのコンクールで優勝を逃してから練習を怠らないようになったという。東日本大会で一位をとった時点で緊張が解け、全国大会まで遊んでしまったことが悔しかった。きちんと準備をしていなかった自分が許せなかったのだ。
 チャイコフスキー国際コンクールの前に、3回大きなコンクールを受けているが、いつも二位だった。「その頃はどこか自分に自信がなくて、人を納得させるだけの演奏には至ってなかった」「チャイコフスキーのときは、やるべきことは全部やったからこれでダメなら仕方がないなと思うほど、自分を追い込んでいきました。最後は結果なんてどうでもいいと思ったくらいです」

 そこまで自分を追い込んだことが、花開く結果に繋がった。「一番大きな舞台で、私にはありえないと思った賞をいただけて光栄でした」。
 だが、ここで浮かれないのが諏訪内さん。まだ自分の地盤もできていなかったので、まずは留学しようと決めた。その時点では、ヨーロッパは伝統文化が少し重く感じられたので、留学先はニューヨークのジュリアード音楽院にした。アメリカでは音楽の勉強だけでなく、コロンビア大学で政治思想の勉強もした。音楽一辺倒でない、このときの経験が、自分の視野を広げてくれ、大いに役立っている。何でも徹底的に追求するストイックな性質のようだ。
 アメリカで学んだあとは、ドイツの国立ベルリン芸術大学で学び、日本に戻らないまま、いまはパリに住んでいる。もうどこの国の人かわからない「地球人」という感じだ。
 フランスでも、勉強熱心さは続く。フランス料理のソースの作り方を知りたくて、プロの料理人を養成する料理学校に通った。土日を除き一日10時間、100種類の料理を覚えた。ここでも、ストイック。やりはじめたら、とことん突き詰めなければ気が済まない。「舌ビラメは牛乳に漬けて臭みを取ってから焼くとか、肉を焼いて出た肉汁をソースに加えると味が全然違ってくるとか…。知らないことを知るのって、楽しいんですよ。もっと知りたいという気持ちがあるから、勉強もヴァイオリンも、きっと苦にならないんですね」。

日本に恩返し
 海外生活が長いと、日本人であることを強く意識するようになるという。諏訪内さんも日本に何かお返ししたいという気持ちが強くなってきた。
 『国際音楽祭NIPPON』を発案して芸術監督を務めることになった。この音楽祭は今年で3回目を迎える。柱は、被災地支援だが、現代の作曲家に委嘱した作品も紹介する。「現代の作品を世に送り出していくことも、私の一つの役目かなと思っています。現代の作品をお披露目することで、それが未来に残る曲となるかもしれませんよね。私はモーツァルトと対話することは出来ませんが、現代作曲家とは対話も出来るし理解もしやすい。作品を初演する責任感と緊張感はありますが、やりがいはあります」。
 「0歳児から聴くコンサート」や、若い世代を指導する「公開マスターコース」を行うのも、次世代を育てることを意識している。「私は3歳のときに巨匠のヴァイオリン演奏会を聴いて、体中に衝撃を受けました。たくさんのことを吸収する時期に、音楽の魅力を体験する機会を多く作りたいという気持ちがあるんです」「子どもたちは、ポイントを教えるだけで劇的に変わります。指導者は、的確なアドバイスで生徒が自信をもてるような後押しをしていくことが大事ですね」。
 「自信は自分が過ごした時間から生まれるもの。同じことを何度も繰り返しやっていると、あるときパッと開ける瞬間がある。それを見つけるために、日々の積み重ねを揺るがすことはない」と諏訪内さんは、きっぱり言い切る。イチローもそうだが、すべては日々の積み重ねの上にあるのだと感心する。
 諏訪内さんは、20年前も凛として自分を崩さず、ブレない女性という印象だった。20年たっても、基本的には変わっていない。それを指摘すると、「本来の自分は違うんですよ。若くして周囲から注目を浴びる立場になったので、鎧をまとって自分を守るしかなかったんです。でも歳を重ねて融通がきくようになり、自分でも人間が丸くなったなと思いますよ」と、にこやかにほほ笑んだ。

■村上信夫プロフィール
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や『鎌田實いのちの対話』など、NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を回り「嬉しい言葉の種まき」をしながら、文化放送『日曜はがんばらない』(毎週日曜10:00〜)、月刊『清流』連載対談〜ときめきトークなどで、新たな境地を開いている。大阪で『ことば磨き塾』主宰。
1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
これまで、『おはよう日本』『ニュース7 』『育児カレンダー』などを担当。著書に『嬉しいことばの種まき』『ことばのビタミン』(近代文藝社)『ラジオが好き!』(海竜社)など。趣味、将棋(二段)。

http://murakaminobuo.com


「元気のでてくる"ことばたち"」
(近代文芸社)
1,500円(税別)
おなじの腕まくり「おやじの腕まくり」
(JULA出版局)
1,400円(税別)
「言えなかったありがとう」
好評発売中

■イネ・セイミプロフィール
フルート奏者として活躍中。俳画家。
絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

* 俳画教室開講中
 ところ:常滑屋
 と き:月2回 第2、4金曜日 午後1時〜3時
 会 費:1回 2,250円(3ヶ月分前納制)
 問合せ:0569−35−0470

イネ・セイミ

 インディアンフルート教室開講しました。
誰でもすぐに吹けます
入会受付中!!

 講師 イネ・セイミ
《フルート奏者 指導歴30年》
1レッスン・1時間5,000円
(ティータイム付)

申込み・お問合せ
seimiine@oasis.ocn.ne.jp


 何か始めたいと思っている貴女へ。
数年後、素敵にフルートを奏でる姿が
そこにあります。
楽しく個人レッスン致します♪