海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
元気のでてくることばたち 村上信夫NHKアナウンサー

 バンクーバーオリンピック、人それぞれ、思い出のシーンがあると思う。なんといっても私は、フィギュアスケートの鈴木明子選手のフリーを滑り終えたあとの満足感に満ちた笑顔と感涙を忘れない。8位入賞を果たした自分に、自分で拍手を送りたい気持ちだったことだろう。競技翌日、新聞には「摂食障害を克服して、見事な復活」という見出しが多く見受けられた。鈴木さんの入賞は、摂食障害の人たちに、一筋の光明をもたらした出来事でもあった。

リンクへの道
 1985年3月28日、愛知県豊橋市生まれ。
 父は、割烹料理店の板前。母はその店の女将。2人の間の一人娘だ。幼いころから、習い事をたくさんしていた。バレー、ピアノ、水泳、絵画…、なかでも書道は、五段の腕前だ。
 スケートを始めたのは、4歳から。多くの習い事の中で、スケートが一番好きになった。
 フィギュアを始めたのは、6歳から。夕方から練習なので、働く両親にとっては、格好の託児所になった。休日には、弁当を2 個持参して、1 日中滑っていた。幼いころから、完璧主義だった。
 小2 の時、地元のリンクが閉鎖となり、名古屋のリンクへ変わった。学校から帰ると、母にランドセルを渡し、スケート靴を受け取って、名古屋へ一目散。片道1時間半かけて、リンクに通った。リンクへの沿線にある中学・高校に入った。
 2001年(高1)、2002年(高2)、2年連続で全日本選手権4位になり、全日本強化選手に指名された。
 2003年、仙台にある東北福祉大学へ進んだ。荒川静香さんや本田武史さんたちを育てた長久保裕(ひろし)コーチに教わりたかったからだ。

アクシデント
 豊橋から仙台へ。初めての一人暮らしだった。練習も、一人暮らしの生活も完璧にこなそうと気負った。「絶対太るまい」の思いが嵩じて、しだいに食べられなくなる。激ヤセで、48キロから32キロにまで落ちこんだ。
 食事をするというあたりまえのことが出来ないことで、自己嫌悪になり、睡眠障害に苛まれた。皮下脂肪もなくなり、夏でも寒くてしかたなかった。「どうしたの?」と、痩せた体のことを聞かれるのがいやだったから、人に会いたくなかった。

 豊橋の実家に戻り、病院に行ったら「摂食障害」と診断された。出場が決まっていたスケートカナダ辞退を連盟に告げる時が辛かった。電話を切ってから号泣した。「スケートが出来なくなったら、自分でなくなる」。初めての挫折。選手生命どころか、人間の命すら危ぶまれた。
 添い寝してもらった母から「無理して食べなくてもいいよ」と言ってもらえた。3食無理して食べなくても、おなかが空いた時だけ食べるようにしたら、少し楽になった。
 2003年11月、大学に戻ったが、もがきは続いた。リンクに立っても体がふらつく。体力は小学生並みに落ちていた。実績と練習の積み重ねがものを言う世界で、ブランクは致命的だった。そんな鈴木さんに、長久保コーチは、「いつかスケート出来るようになるよ」と言ってくれた。このコーチについていけばいいと思った。

バンクーバーへの道
 立ち直りのきっかけは、2004年、荒川静香選手の世界選手権・優勝だった。「たまたま、私の19歳の誕生日の出来事だった。病気を克服して、リンクに戻りたいと切実に思った」。
 練習は裏切らないと、少しずつ、自分を信じて練習した。出来ないものを減らしていく練習を心がけた。出来ないときでも、最低ラインは確保出来るようにした。
 2006年、地方大会で地道に結果を出していった。連戦連勝。
 2007年は、出場した大会7試合ですべて優勝の快挙!長久保コーチは「別人のスケーターのようだ」と驚いた。全日本選手権でも5位入賞した。完全復活だった。

 2008年3月、オランダで開かれた国際大会で優勝した。エキシビションで、病気で出場出来なかったオランダの選手の代役を依頼された。その選手は、摂食障害だった。これは偶然ではないと思った。「私が経験することは、経験すべきだと用意されたことだ」と思った。
 2008年11月もNHK杯では2位に輝いた。23歳の初出場で初の表彰台。諦めなければ、いつか願いは叶うと実感した。2008年12月の全日本選手権では4位。3位の安藤美姫選手とは0・11の僅差だった。

 摂食障害を経験したことで、あたりまえのことが幸せに思える。「ま、いいか」と思えるようになった。試合でリンクに立つ前、緊張はするが「生きている証拠」と思えるようになった。プレッシャーを過剰に感じなくなった。
 「摂食障害があったから、今の自分がある」と心の底から思う。「ただ単に技をこなすスケートはしたくない。魂が感じられるスケートをしたい」
 バンクーバーは出発点だ。

■村上信夫プロフィール
NHKチーフアナウンサー
1953年、京都生まれ。
明治学院大学卒業後、
1977年、NHKに入局。
富山、山口、名古屋、東京、大阪に勤務。
現在は、「今日も元気で!わくわくラジオ」(ラジオ第一8:35〜)、
「BS将棋中継」などを担当。
これまで、「おはよう日本」「ニュース7」「育児カレンダー」などを担当。
教育や育児に関する問題に関心を持ち続け、横浜市で父親たちの社会活動グループ
「おやじの腕まくり」を結成。
趣味は、将棋。
著書に「元気のでてくることばたち!」(近代文芸社)
「おやじの腕まくり」(JULA出版局)
「いのちの対話(共著)」(集英社)
「いのちとユーモア(共著)」(集英社)

「元気のでてくる"ことばたち"」
(近代文芸社)
1,500円(税別)
おなじの腕まくり「おやじの腕まくり」
(JULA出版局)
1,400円(税別)
「言えなかったありがとう」
好評発売中

■イネ・セイミプロフィール
フルート奏者として活躍中。俳画家。
絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

* 俳画教室開講中
 ところ:常滑屋
 と き:月1回 第2金曜日 午後1時〜
 会 費:1回 2,500円(4ヶ月分前納制)
 問合せ:0563−32−0583

イネ・セイミ

 堀江実のポエムコンサートをCDでお届けします。

  詩と朗読
  フルート
  ピアノ
  構 成

  Disk1
  Disk2
 堀江実
 イネ・セイミ
 はちまん正人
 佐藤よりこ

 光のように
 花のように

 言霊に癒されるCD堀江実のポエムガーデン
 やさしい風がふいています。
 木々の梢は光っています。
 あなたの心がやすらぎで満たされますように。
 あなたの心に喜びがあふれますように。

2003年10月22日発売 CD2枚組 3,150円(税込み)