海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
元気のでてくることばたち 村上信夫NHKアナウンサー

還暦のプリマ

 世界的なプリマバレリーナ、森下洋子さんにとって、今年は、節目の年だ。団長を務める松山バレエ団が創立60周年を迎えた。それを記念して、チャイコフスキーの三大バレエ全幕上演に取り組んでいる。1月に《新・白鳥の湖》公演を終え、4月5月に《眠れる森の美女》を上演、そして12月には《くるみ割り人形》を踊る。

 森下さんは、これまでおよそ2000回舞台に立ってきたが、白鳥を800回、くるみを400回、眠れる森を150回踊ってきたという。チャイコフスキーの三大バレエは、それぞれ思い入れがある作品なのだ。
 もうひとつの節目。森下さんは、12月に60歳。還暦を迎える。この年齢で、全幕を踊り切るバレリーナは、世界でも例がない。
 くるみ割り人形のクララといえば、12歳という設定。60歳の森下さんが踊ることになるのだが、「年を取れば取るほど、無邪気になれるの。年々、クララに近づいていけるの。演じようとしなくなってきたの」と屈託なく語る。
 若いころ見えなかったものが見える。40歳過ぎてから踊ることか面白くなってきたという。人生を重ねてきたからこそ出せる哀しさ、優しさもある。
 「体力、気力の限界は一度も感じたことがない」という。150センチ、38キロの体のどこに、そんな体力、気力が潜んでいるのだろう。
 「心を磨くことが何より大切」ともいう。「心磨きのためには、良いことを思うようにしている」。「バレエは心の芸術。技術ではなく心で見せるものだから」
 さらに、森下さんの有名すぎる有名な言葉に、「一日休むと自分にわかり、2日休むと仲間にわかり、3日休むと観客にわかる」というのがある。稽古を一日たりとも休んではならないという戒めの言葉だ。いまも、午前中は、バーレッスン、基礎練習の時間。一日5〜6時間は、稽古に当てている。

祖母と母の支え

 森下さんの海外での評価は、著しく高い。1974年、ヴァルナ国際バレエコンクールで、日本人として初の金賞を受けた。1981年、パリ・オペラ座に、日本人として初めて出演した。1983年、ヌレエフのパートナーとして指名される。1985年、イギリスのローレンス・オリビエ賞を受けた。日本でも、1997年、女性で最年少の文化功労者、2002年には、日本芸術院会員となっている。日本バレエ界の押しも押されもせぬ第一人者である。
 そんな森下さんが今日あるのは、様々な人の支えがあってのことだが、中でも、広島の祖母の影響は、計り知れない。
 被爆して、収容先で死体と一緒に並べられ、お経まであげられたらしいが、必死に探していた母によって発見された。そして、麻酔もかけずに手術を受け一命を取り留めた。アメリカを憎まず、「助かっただけでも幸せ」と言っていた。
 左半身にケロイド(やけど)の残る体でも、平気で銭湯に行った。左腕は曲がったままで、親指以外の指はくっついたままだった。不自由な手を使って、背中を流してくれた。いつも、背筋を伸ばして、毅然としていた。
 祖母からもらったものは、明るさと笑顔。祖母は、愚痴はいっさい言わない人だった。くよくよもしなかった。いつもプラス思考だった。「やってみて喜べるか、出来ないで悲しむか、考え方一つで変われる」という祖母の口癖を聞いているうちに、「まずは、やってみよう」と諦めない気持ちを持てるようになった。
 祖母が79歳で大往生したその日、森下さんは、舞台でジゼルを踊っていた。祖母は、亡くなる直前に、コーヒーを1杯飲み、腰をさすられながら永遠の眠りについた。

 森下さんが、バレエを始めたのは3歳のとき。もともと病弱で、病院通いばかりしていた。親が、体を鍛えるために何かさせたいと思い、自宅の真ん前にあったバレエ教室に通わせた。これが、体操教室や水泳教室だったら、世界のプリマ森下は出現していないかもしれない。不思議な巡り合わせだ。
 「不器用だからステップの覚えも悪かった」らしい。何回も練習すれば出来ることがわかり、人よりも多く稽古をした。「稽古好きは、不器用ゆえのこと、やめたいと思ったことは、一度もない」根性の持ち主なのだ。
 小学校2年生から、夏休みと冬休みは、一人で夜行列車に12時間乗り、東京へレッスンを受けに通った。「ヨウコブジツイタ」という電報が来るまで母は寝られなかったという。
 小学校6 年生になり、上京することになったが、母は「バレエの神様にあげた子」と許してくれた。母は、ステーキ屋をはじめ、その売り上げで、森下さんのバレエを支えた。しかし、高校を卒業してからは、仕送りは一切なかった。自分の責任で続けるようにという、母の明確な意思表示だった。
 祖母、母、そして自分を育んだ広島への思いは、一際だ。あの惨劇から立ち直った「たくましさ」、移民も多い土地柄の「チャレンジ精神」、広島に生まれていなかったら…と思うことが多い。平和への思いも強い。「美しいものを愛する心。芸術を愛する心は、深い根のところで、平和を願う心につながる」

 自分のバレエ人生を振り返ってみると、力で踊っていたのが、20代。気持ちいいぐらい体が動かせた30代。やっと、のびのびと踊れるようになった40代は、内面で何かが進んでいることを実感出来た。そして、50代に入り、踊ることがますます楽しめるようになった。還暦を目前に控えて、肉体を衰えさせないためには稽古しかないと、バーレッスンを怠らない。森下さんに、どんな60代が待ち受けているのか、楽しみでならない。

■村上信夫プロフィール
NHKチーフアナウンサー
1953年、京都生まれ。
明治学院大学卒業後、
1977年、NHKに入局。
富山、山口、名古屋、東京、大阪に勤務。
現在は、「今日も元気で!わくわくラジオ」(ラジオ第一8:35〜)、
「BS将棋中継」などを担当。
これまで、「おはよう日本」「ニュース7」「育児カレンダー」などを担当。
教育や育児に関する問題に関心を持ち続け、横浜市で父親たちの社会活動グループ
「おやじの腕まくり」を結成。
趣味は、将棋。
著書に「元気のでてくることばたち!」(近代文芸社)
「おやじの腕まくり」(JULA出版局)
「いのちの対話(共著)」(集英社)
「いのちとユーモア(共著)」(集英社)

「元気のでてくる"ことばたち"」
(近代文芸社)
1,500円(税別)
おなじの腕まくり「おやじの腕まくり」
(JULA出版局)
1,400円(税別)
「言えなかったありがとう」
好評発売中

■イネ・セイミプロフィール
フルート奏者として活躍中。俳画家。
絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

* 俳画教室開講中
 ところ:常滑屋
 と き:月1回 第2金曜日 午後1時〜
 会 費:1回 2,500円(4ヶ月分前納制)
 問合せ:0563−32−0583

イネ・セイミ

 堀江実のポエムコンサートをCDでお届けします。

  詩と朗読
  フルート
  ピアノ
  構 成

  Disk1
  Disk2
 堀江実
 イネ・セイミ
 はちまん正人
 佐藤よりこ

 光のように
 花のように

 言霊に癒されるCD堀江実のポエムガーデン
 やさしい風がふいています。
 木々の梢は光っています。
 あなたの心がやすらぎで満たされますように。
 あなたの心に喜びがあふれますように。

2003年10月22日発売 CD2枚組 3,150円(税込み)