海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
元気のでてくることばたち 村上信夫NHKアナウンサー

 小さな小さな新聞の囲み広告が目にとまった。『イタリア薬膳』の本が出版されたことを紹介するものだった。偶然見つけた広告が、思わぬ出会いを呼んだ。
 イタリア料理と薬膳…薬膳というと中国料理というイメージがあるので、なぜイタリア料理なのかと興味がわいた。本を手にしてみて、著者に会いたくなった。本には、単にレシピだけでなく、いのちの源である「食」に対する真摯な考え方が述べられていた。

食べることへの気配り
 その著者である木村まさ子さんが生まれ育ったのは、東京・府中。まだ戦後まもないころで、あたりには、手つかずの自然が残っていた。木に登り、なまずを取りに行き、男の子とよく遊んだ。母には、山菜を摘んできては調理してもらい、父には、よもぎ餅を作ってもらった。庭先で育てたニラやミョウガも献立に加わった。つましくも心豊かになる食卓だった。
 高校生のとき、寝坊して朝食をとらずに家を飛び出したら、パンと牛乳を持った母が追いかけてきたことがある。食べることを大切にする家庭だった。
 20歳で結婚し、22歳で長男を、29歳で次男を出産した。母として妻として、食べることには、人一倍、気を配ってきた。
 芸能界で活躍している長男は、料理の腕も相当なものと思えるが、米を研いだり、ひき肉をこねてぎょうざ作りを手伝ったり、小さなころから台所で手伝いをしていた。食事の支度時間は、大切な親子のコミュニケーションタイムだった。
 あるとき、長男が朝食を残した。昼食に、彼だけ同じものを出した。なぜそうなったか無言のうちに教え、それに気づいた彼は、それから食べ物を残さなくなった。
 アメリカンフットボールの選手の次男の食欲は旺盛そのものだった。3合炊いたご飯すべてをおにぎりにして学校にもたせた。それも、スタミナがつくようにと、焼き肉おにぎり、コロッケおにぎり…。かばんの中では、教科書よりおにぎりが大きな顔をしていたようだ。
 次男は、幼いころ、生野菜が全く食べられなかった。一計を案じた木村さんは、家庭菜園で息子と一緒に野菜を育てることにした。そして、収穫した野菜を手にして、「大事に育てた野菜を食べてあげないとかわいそうよ」と言った。こうして次男は、生野菜嫌いを克服した。

自分を変えた薬膳
 47歳のとき、イタリア料理の店を夫と始めることになった。主婦の立場から、店を切り盛りする立場に変わった。不規則で慣れぬ生活に、疲れがたまっていく。睡眠が思うようにとれず、心身のバランスを崩していった。接客しながら、笑顔を作ることが苦痛に思えた。そんな折、一人の中国人女性が客として訪れた。
 その人は、中国で漢方医学、日本で西洋医学を学んだ劉影(リュウイン)さん。病気になる前の状態を研究して、病気を未然に防ぐ《未病医学研究センター》に勤める劉さんから、漢方医学に基づいたアドバイスを受け、木村さんは、体調を取り戻していった。
 そして、劉さんの生き方にも刺激を受けた。劉さんは、異文化の中で子育てしながら、仕事もきっちりこなしていた。「自分も自立した生き方をしたい」そう思った木村さんは、おいしいだけでなく、心と体の健康を考えた食事を提供するレストランを作りたいと思うようになった。中国で薬膳の勉強をしたり、ブラジルまで生薬を訪ねたり、劉さんとあちこち旅をした。国内の生産者の声も聞いてまわった。試行錯誤の結果、薬膳の考え方を取り入れたレシピが完成した。リニューアルして、薬膳という新たなコンセプトのレストランが開店したのは、去年秋のことだった。
 イタリア料理と薬膳がどう結びつくのか、イメージしにくいかもしれない。例えば、こういうことだ。黒米のリゾットは、血糖値の上昇を抑えたり、便秘を解消したりする効果がある。かの楊貴妃も好んで食べたらしい。温かいアプリコットのタルトは、ビタミンAとEが豊富だ。活性酸素を抑え、身体を温めてくれる。つまりは、素材には、薬膳を意識したものを使い、調理はイタリア料理ということなのだ。

 木村さんは、「薬膳と出会ってから、生き方が変わった」という。「自分の喜ぶ生き方をしよう、今を大切にしよう」と思うようになった。それまで「こうでなければ」と物事を決めつけて考えがちだったが、楽に考えられるようになった。心と体の健康を考えた料理を提供することが、自分の生きがいだと悟って、揺るがぬ信念を持つことが出来た。
 身体が必要とする量だけ、自然の恵みを感謝していただく。以前にも増して、感謝の気持ちがわいてくるようになった。
「自分の身体も魂も与えられたもの。自然の一部なのだから、与えられたことに感謝しなければ」
 木村さんは、ことあるごとに、「いただきます」を口にすることの大切さを説いている。「料理にふりかける最後の調味料が“いただきます”だと思います。命をつないでくれる命に感謝するからこそ“いただきます”なんです」

小さな感動で大きな感動
 ところで、芸能界で活躍している長男とは、その名を「拓哉」という。私は、そのご当人に、10年前に会っている。それは、数多くの出会いの中でも、最も印象に残るものだった。彼から聞いた「小さな感動をかき集めてエネルギーにしてます」という言葉は、いまも忘れられない。目の前にいる人気者の青年が、風のそよぎ、雲の動き、道端の小さな花の咲き具合…なにげない日常の変化に気がつき、それを見過ごさない感性の持ち主であることに、率直に感動した。
 当時20代前半だった彼が、そういう言葉を口にするのは、育てた母の影響によるところが大きいと、10年たって、ようやくわかった。小さな囲み広告が、思わぬ答えを教えてくれた。
 木村まさ子さんも、「小さな小さな感動を重ねていきたい」と期せずして、息子と同じことを口にした。

■村上信夫プロフィール
NHKチーフアナウンサー
1953年、京都生まれ。
明治学院大学卒業後、
1977年、NHKに入局。
富山、山口、名古屋、東京、大阪に勤務。
現在は、「今日も元気で!わくわくラジオ」(ラジオ第一8:35〜)、
「BS将棋中継」などを担当。
これまで、「おはよう日本」「ニュース7」「育児カレンダー」などを担当。
教育や育児に関する問題に関心を持ち続け、横浜市で父親たちの社会活動グループ
「おやじの腕まくり」を結成。
趣味は、将棋。
著書に「元気のでてくることばたち!」(近代文芸社)
「おやじの腕まくり」(JULA出版局)
「いのちの対話(共著)」(集英社)
「いのちとユーモア(共著)」(集英社)

「元気のでてくる"ことばたち"」
(近代文芸社)
1,500円(税別)
おなじの腕まくり「おやじの腕まくり」
(JULA出版局)
1,400円(税別)
「言えなかったありがとう」
好評発売中

■イネ・セイミプロフィール
フルート奏者として活躍中。俳画家。
絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

* 俳画教室開講中
 ところ:常滑屋
 と き:月1回 第2金曜日 午後1時〜
 会 費:1回 2,500円(4ヶ月分前納制)
 問合せ:0563−32−0583

イネ・セイミ

 堀江実のポエムコンサートをCDでお届けします。

  詩と朗読
  フルート
  ピアノ
  構 成

  Disk1
  Disk2
 堀江実
 イネ・セイミ
 はちまん正人
 佐藤よりこ

 光のように
 花のように

 言霊に癒されるCD堀江実のポエムガーデン
 やさしい風がふいています。
 木々の梢は光っています。
 あなたの心がやすらぎで満たされますように。
 あなたの心に喜びがあふれますように。

2003年10月22日発売 CD2枚組 3,150円(税込み)