海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
 「生きている!」ということを感じながら生きるのは、とても難しい。まして、「生きている」ことに、感謝や感動を味わいながら日々暮らしている人は、そう多くはないだろう。
 時々こんな話を耳にする。「鬼姑が亡くなる時、『ありがとう』と言ってくれた。胸のしこりが溶けていくようだった」とか、「自分に無関心だった夫が、回復の見込みのない病床で『今までありがとう。幸せだった』と涙を流した」等々。
 人は“死”を間近にした時、俗世間で身に付いてしまった心の錆が一気に剥がれ落ち、研ぎ澄まされるのだろうか…。
 鬼姑でも無関心夫でもなく、ごく普通に暮らす若者や子ども達が死に直面した時、“生きている”そのこと自体に感謝せざるを得なくなるような、声なきメッセージを残していく。
 私が骨髄バンクのボランティアを始めた頃は、まだ、民間の骨髄バンクを患者その家族、移植医や弁護士らが、各地で支えている時代だった。歌手として新人だった頃に、白血病で友人を亡くしていた私は、貪るように、“骨髄移植”について学んでいった。
 病などとは無縁と思われた、ひょうきんで健康的な若者だった彼の親友は、「何かと何かを入れ替えれば治るらしい」と私に言った。それが“骨髄”と知るまで、何年かの時を要したのだった。
 血液難病の中でも“白血病”はよく知られているが、発病のメカニズムは未だ解明されておらず、日本だけでも年間に5,000〜6,000人も発症する、誰の身にも起こりうる疾病である。
 熱きボランティア達が、各地で精力的に展開し続けてきたシンポジウム等の普及啓蒙活動により、“骨髄移植”“骨髄バンク”の認知度は飛躍的にアップした。
 それによって、“遺伝”や“感染”という一般的な誤解から、“不治の病”という患者側の誤解はすぐに解けるようにはなったものの、その難解さは依然付きまとう。
 まず、占いなどでポピュラーなA、B、O、ABというのは赤血球の型で、白血球にも型があり、組み合わせで成り立っていることを知る人は少ない。
 膨大な数に膨れ上がる白血球の型(HLA)が、ドナー(提供者)と患者が適合しなければ“骨髄移植”は成立しない事や、非血縁者間でのHLA適合率は数百から数万分の一である事、ドナーは健康な成人でなければならない事、骨髄提供は背骨を削ることではない事等々、正確に伝えなければ事柄が多すぎるため、普及啓蒙活動を続けなければならないのである。
 生きたくても生きられない人達に代わり、あたり前な事に感謝する思いや、人を思いやる気持ちが、自分の人生や周りの人々、更には未来の子供達の心を豊かにするであろうことも伝えたいのだ。

 あの“テロ”の裏側で…
 2001年9月11日、アメリカで同時多発テロが勃発した。ちょうどこの時、日本では3人の患者がアメリカから届くはずの骨髄液を待っていた。しかし、全米飛行禁止に…!
 患者は移植が決定すると、2週間前から“前処置”という段階に入る。放射線全身照射と大量の抗がん剤の投与で、骨髄機能(骨の中で血液をつくる造血幹細胞)を破壊し、健康な骨髄を受け入れる準備をするのだ。
 一刻の猶予もなかった。既に、自らの力では一滴の血液も作れなくなっている患者の元へ、どのようにして“骨髄”を届けるか…。
 骨髄採取を予定していた時刻の直前に起きた、未曾有の出来事。採取は直ちに延期された。そして、民間機が飛べない状況下、緊急機としてチャーター便を飛ばす決断が下され、新たな日程で採取されたドナーからの骨髄は、無事、日本へ届けられたのである。
 この事実に触発されたH、T、ISSUIは、直後に夢を見たと言う。ハリウッドの大物俳優たちが迫真の演技を繰り広げ、見せられたまま彼はパソコンに打ち込んだ。それが「IMAGINE 9・11」である。
 スピリチュアルな事を普段あまり口にしない彼が、“見せられた夢”に込められたメッセージを忠実に再現した作品は、そのあらすじを読んだだけで、映画を1本見終えたほどの感動を人々に与えた。
 あからさまな人種差別、うわべだけの反戦思想、根深い憎しみ…が、男達の情熱によって互いに変貌していく様は見ものである。
 自分に置き換えて“想像する”という、人としての至極あたり前なことを再認識することにより、“思いやりの種”を蒔ける大人が、着実に増えるであろう。社会の一人一人がそうなることに願いを込めた作品である。
 民間骨髄バンクの時代から、公的骨髄バンクの誕生、黎明期、成長過程を見守り、支え続けた私たちは、この作品を自ら発信する初めてのエンタテイメントと位置づけ、今夏、舞台上演することを決意した。
 骨髄バンクとの関わりを持たない友人達も作品に魅かれ、『IMAGINE 9・11』制作実行委員会を起き立ち上げた。
 元劇団四季の俳優や、子役時代からテレビドラマを中心に活躍する役者など、出演者にも恵まれた。私も、もちろん舞台に立つ。
 初演は東京のみで行い、その後はじっくりと時間をかけて各地を巡り、骨髄バンクの普及啓蒙と人間愛の根源を伝えていきたい。
 例外なく人は死ぬ。その時に後悔しない生き方をするために、生きたくても生きられない人達の、声なきメッセージに心を澄ませ、生きているからこそ出来ることを感じ合いたい。会場へ足をお運び頂けたら幸甚である。

■刀根麻理子(とね まりこ)
本名:刀根万里子(とね まりこ)
出身地:神奈川県川崎市
OL、フリーナレーターを経て、1984年TVアニメ「キャッツアイ・PartK」のオープニングテーマソング「デリンジャー」でデビュー。CF・TV・ラジオ・舞台等で活躍

◇プロデュース
障害者バンド・ハンディーズ「この緑の地球(ほし)を…」(2000)

◇作詞・作曲活動
ミュージカル「明日への扉」エンディングテーマ曲作詞(骨髄移植推進キャンペーン)
「野原花子」のペンネームで多ジャンルの楽曲を作詞・作曲(童謡からド演歌、音頭物まで)

◇刀根麻理子ゴールデンベスト(徳間ジャパン)、全国CDショップにて好評発売中